「♯Twitterトレンド大賞」が12月23日、都内のホールで行われた。今回が初開催で、日本で4500万人が利用しているツイッターのデータを集計し、さまざまなジャンルでのツイート数の1位を表彰。「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳叶美香が司会を務めた。

  淳は今年9月に、インターネットテレビ局「AbemaTV」で来年2月に青山学院大学を受験することを発表。以降、1日6〜7時間を目指して勉強に打ち込み、「初めての勉強ばかりだったけれど、最近のテストでは偏差値が32から58になった。先生たちには吸収力はあると言われていて、もしかしたらいけるかもというところまできた。70%くらいの手応えはある」と、受験勉強が順調に進んでいることを明かした。

 さらに、「10人の占い師に聞いたら、9人は『なんだかんだで受かるでしょう』と言っていた」と、“他力本願”な自信も披露。志望する学部については試験日の混乱などを考慮して公表できないそうだが、1月のセンター試験も受ける予定で「今は私服も学生服。正月旅行も返上して頑張ります。あとは英語をもう少し頑張れば、ですね。(合否は)ツイッターで報告します」と自らに言い聞かせるように話した。

 授賞式ではR-1を制したアキラ100%、M-1王者のとろサーモンがゲストで登場し、ネタを披露。ツイッターで自撮りのセクシーカットが話題となったグラビアアイドルの倉持由香は、叶姉妹のドレスがベースとされる「童貞殺しセーター」姿で「尻職人」を自称する100センチヒップを突き出すセクシーポーズを、とろサーモンの久保田かずのぶに撮らせていた。

 ほかに池田美優、「仮面女子」の神谷えりな、最上もが、上西小百合元衆院議員らが出席。なお、「トレンド・オブ・ザ・イヤー」はスマートフォン用のRPGゲーム「Fate Grand Order(FGO)」に輝き、「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」との2冠を達成。「シネマ・オブ・ザ・イヤー」は「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」、「ドラマ・オブ・ザ・イヤー」は「おんな城主 直虎」、「アニメ・オブ・ザ・イヤー」は「けものフレンズ」がそれぞれ受賞した。