食材をダメにしちゃう人は、まず冷凍ワザを身につけよう

買った食材を使いきれず、そのまま放置して冷蔵庫の中で悲しい姿に……。身に覚えがある方、たくさんいらっしゃるのではないだろうか。食材をきちんと使いきるって、なかなか難しい。

今日明日で使いきれるか自信がなかったら、購入後すぐに冷凍してしまうのが正解だ。冷凍するときは、小分けにしたり、使うときのためにひと手間かけて。そうしておけば、次に料理をするときの自分の作業がグンと楽になる! 冷凍アドバイザーの西川剛史さんに教わった、おいしさを保って次に使うときにも楽ちんになる、冷凍ワザをご紹介しよう。

【1】葉物の野菜

1200_reitouhozon_shokuzai03

小松菜は生のまま冷凍保存OK。根を落としてざく切りにし、葉と茎を混ぜて保存袋に入れて冷凍を。青臭さが抜けて繊維もくずれるのでスムージーにすると口あたりなめらかに。

大物野菜の白菜も、冷凍すればむだなく使いきれる。ざく切りにして保存袋に入れて冷凍を。凍ったままスープや鍋に入れると芯の部分も早く煮えて時短に。うまみもたっぷり!

また、使いきりに困るパセリも冷凍にすればスープのトッピングや料理に青みを添えたいときに、少量ずつ使えて重宝する。太い軸を切って保存袋に入れて冷凍ストックにしよう。

【2】大根おろし

1200_reitouhozon_shokuzai04

大根おろしはまとめてすりおろしておくと、とっても便利! 汁気をよくきってラップで茶巾に包み、保存袋に入れて冷凍。冷蔵庫か常温で解凍して使おう。

【3】しょうが

1200_reitouhozon_shokuzai06

なかなか使いきれないうえに香りのとびやすい香味野菜は、まさに冷凍保存にぴったりの食材。しょうがは小分けにするか、みじん切りにしてラップに包み、保存袋へ。

【4】牛乳

1200_reitouhozon_shokuzai07

飲みきれなかった牛乳は冷凍して調理用に。冷凍すると分離するが、加熱調理に使えば問題ない。使いやすい分量を密閉容器に移して冷凍しよう。使うときは、冷蔵庫解凍または凍ったまま鍋で加熱。ポタージュやシチューに。

【5】納豆

1200_reitouhozon_shokuzai01

冷凍庫内でも納豆菌は死滅せず、解凍すれば再び活性化。パックごと保存袋に入れて密封し、臭い移りを防ごう。食べるときは冷蔵庫に移して解凍して。凍ったままみそ汁などに使っても◎。

【6】豆腐

1200_reitouhozon_shokuzai02

豆腐は冷凍すると、組織がスポンジ状に変化。生とは違った高野豆腐のような歯ごたえが生まれ、料理のアレンジが広がる! 炒り豆腐や煮もの、鍋ものなどに使うと、くずれにくく味を含んでおいしく仕上がる。豆腐の水気をきって適度な大きさに切り、保存袋に入れて冷凍しよう。

【7】しじみ

1200_reitouhozon_shokuzai05

最後に紹介するのは、冷凍すると思わぬプラス効果がある食材。肝臓を元気にするオルニチンが豊富なしじみだが、実はそのオルニチン、冷凍すると4倍にも増加するのだ。冷凍するときは、密閉容器に砂出ししたしじみと浸る程度の水を入れて冷凍庫へ。解凍は氷ごと鍋に入れ、ふたをして強火で一気に加熱しよう。

いかがだろうか。家庭で使うほとんどの食材は冷凍できるものばかり。おいしく便利に使うための冷凍ワザを駆使して、毎日のごはんづくりをもっと快適に乗り切ろう!

●西川剛史さん
冷凍生活アドバイザー・野菜ソムリエプロ。家庭での冷凍テクニックを理論的に体系的に学べることで人気の講座「冷凍生活アドバイザー養成講座」(日本野菜ソムリエ協会)監修、講師。冷凍食品会社での商品開発などの経験を生かし、冷凍のプロとしてテレビ番組に多数出演。2015年10月日本で初めての冷凍食品セレクトショップ「ベフロティ」をオープン。著書に、冷凍テクニック本「もっとおいしくなる超・冷凍術」(洋泉社 2016年5月)。

(出典:『長期保存OK!毎日使える! 冷凍保存レシピ』、著:川上文代)

(ヨシザワ)