今年は日本とデンマークの外交関係樹立150周年の年。いま、コペンハーゲンでは日本をテーマにしたデザイン展が開催されているなど、まさに今年は“北欧YEAR”です! それを記念して、日本でも全国各地でさまざまな北欧展覧会が目白押し。ここでは、いま行くべき展覧会をご紹介します!

【1】日常を豊かにする日本とデンマークのモノとコト

コペンハーゲンを拠点に、世界の舞台で活躍するデザイナーセシリエ・マンツ共同キュレーターの本展では、影響し合いながら美しいデザインを生んできた日本とデンマークの暮らしにかかわる作品を紹介。生活のヒントが見つかるはずです。

1200_dj_hokuo_01-01

(写真左)ルイーズ・キャンベル エレメンツコレクション ロイヤルコペンハーゲン 2008年、2011年 Copyright: Royal Copenhagen  Photo Credit: Royal Copenhagen

(写真右)J39 フレデリシア ファニチャー ボーエ・モーエンセン 1947 Photo: Fredericia Furniture

【DATA】
●日々の生活 ‐気づきのしるし
期間:8月5日(土)〜11月5日(日)
会場:金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
時間:10:00〜18:00(金・土曜は〜20:00)
休館日:月曜、9月19日(火)、10月10日(火) ※8月14日(月)、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)、10月30日(月)は開館
※チケット販売は閉館の30分前まで
料金:1000円ほか
www.kanazawa21.jp

【2】日本初! デンマーク・デザインに特化した展覧会

外交樹立150周年を記念して、デンマーク・デザインに特化した日本ではじめての展覧会が開催されます。近代から現代まで約200点の作品は、誰もが一度は目にしたことがある名作ばかりです。

7252bad15116673fd56cd1651a4

(写真上)椅子 JH550 〈ピーコックチェア〉 ハンス・J・ウェグナー 1947年 ヨハネス・ハンセン 個人蔵 photo: Michael Whiteway

95ab630a1f3d0d6433744d3e45e9599c

(写真上)玩具〈サル〉 カイ・ボイスン 1951年 カイ・ボイスン 個人蔵 photo: Michael Whiteway

【DATA】
●日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 デンマーク・デザイン
会期:9月9日(土)〜11月12日(日)
会場:静岡市美術館
休館日:月曜、9月19日(火)、10月10日(火) ※9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3F
時間:10:00〜19:00(入場は〜18:30)
料金:一般1200円
電話:054-273-1515
www.shizubi.jp

【3】「森と湖の国」フィンランドの暮らしに溶け込む、シンプルで温かい家具や食器

独立100周年を記念しアルヴァ・アアルトの作品など約700点を展示。世界で愛され続けるシンプルで温かい家具や食器などを通して、フィンランドの豊かな暮らしを感じてみてはいかがでしょうか。

1200_dj_hokuo_01-02

(写真左)椅子〈ボールチェア〉 エーロ・アールニオ 1963年 (C)Eero Aarnio

【DATA】
●フィンランド・デザイン展
期間:7月22日(土)〜9月3日(日)
会場:福井市美術館
住所:福井県福井市下馬3-1111
時間:9:00〜17:15(入館は〜16:45)※7月22日(土)は10:00〜
休館日:月曜 ※ただし8月14日(月)は開館
料金:1200円
電話:0776-33-2990
http://finnish-design2017.exhn.jp/

【4】「美しく丈夫で手頃な家具を」北欧デザイン成長を支えたFDBモブラーの家具

0f29751794fb6b0fb75c9ce323de089b

市民に「美しく丈夫で手頃な家具を」という理念で誕生したデンマーク生協(FDBモブラー)の家具。初代代表のボーエ・モーエンセンら他、著名なデザイナーもかかわった貴重な代物を紹介します。

db033861fe3a55a5ecfb27ce95d23729

【DATA】
●日本・デンマーク外交樹立150周年記念
ボーエ・モーエンセンとFDBモブラー展
会期:9月1日(金)〜 9月26日(火)
会場:リビングデザインセンターOZONE
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
時間:10:30〜19:00
休館日:水曜 ※祝日を除く
電話:03-5322-6500
www.ozone.co.jp

(出典:『Discover Japan』)