夏に取れる野菜には、体力回復のための栄養がたっぷり。暑い夏を乗り切るためにも、夏野菜は積極的に食卓のメニューに取り入れたいものです。そこで、夏野菜をたくさん使った、冷たい麺レシピをご紹介。料理家さんたちが考案した晩ごはんレシピを紹介する「暮らし上手ウェブサイト」からこの季節にぴったりのレシピをお届けします。

麺つゆ氷で冷たさをキープ「トマト、オクラ、納豆の和えそば」

凍らせた麺つゆを仕上げにのせるアイデアレシピ。オクラと納豆のねばねば感、程よい酸味のミニトマトがそばによくからみツルっといただけます。麺つゆ氷の作り方はとっても簡単。麺つゆをバットに入れ冷凍庫で凍らせてスプーンで削るだけ。夏バテ防止に最適なメニューです。
 
20170721_1_04

▼材料&作り方はこちら
https://www.kurashijouzu.jp/2014/06/recipe-257/

◆レシピ考案:新田亜素美さん(フードスタイリスト)
東京の下町・浅草に在住。大のお酒好き。雑誌や書籍、テレビなどで、フードスタイリングやレシピ制作を手がけ、広く活躍中。著書に『並べて、焼けるのを待つだけほったらかしオーブンレシピ』(大和書房)など

【もっと知りたい】新田亜素美さんのレシピ⇒https://www.kurashijouzu.jp/cook/nitta-asomi/

まろやかゴマだれがポイント「ゴーヤと冷しゃぶの梅ゴマだれうどん」

濃厚なごまが冷たいうどんにたっぷりからんで美味な一杯。ゴーヤの苦みとオクラのねばねば、練り梅の酸味が食欲をそそります。野菜もたっぷり採れてお腹もしっかり満たされる大満足レシピ。

20170721_1_01

▼材料&作り方はこちら
https://www.kurashijouzu.jp/2014/06/recipe-254/

◆レシピ考案:セトキョウコさん(料理家)
旬の食材を使った、心と身体がほっと和む、優しく芯のあるご飯やデザートを提供している。主に都内でのケータリングサービス、各種イベントでの料理出店などで活躍中。ご主人は造形作家、2歳の息子さんをもつ一児の母でもある。著書に『旬菜ごはん』。

【もっと知りたい】セトキョウコさんのレシピ⇒https://www.kurashijouzu.jp/cook/seto-kyoko/

トマトの魅力をまるごと堪能できるパスタ「トマトとパセリの冷製パスタ」

夏野菜の代表であるトマトを使った冷製パスタ。トマトは少し値段がはるが、酸味が抑えめなフルーツトマトを使うことで、加熱しなくても甘みがはっきりと感じられるので、冷製パスタやサラダにぴったりです。麺もソースもしっかり冷やしていただくのがポイント。好きな魚介をプラスすると旨みもアップします。

20170721_1_03

▼材料&作り方はこちら
https://www.kurashijouzu.jp/2015/05/recipe-487/

◆レシピ考案:太田静栄さん(フードコーディネーター・栄養士)
フードコーディネーター・栄養士。企業のメニュー開発、雑誌、広告など様々なメディアで活躍中。著書に『絶品ソース、たれ、ドレッシングの本』(エイ出版社)などがある。コーヒーも飲める花屋「MAG BY LOUISE」で不定期に料理をふるまっている。

【もっと知りたい】太田静栄さんのレシピ⇒https://www.kurashijouzu.jp/cook/oota-shizue/