ブルーボトルコーヒーの上陸とともに、「サードウェーブ」が日本でも一気にブーム化した。豆にこだわり、一杯ずつハンドドリップで丁寧に淹れてくれるコーヒーを目当てに長蛇の列をなしたことも記憶に新しい。

さて、サードウェーブというからには、ファーストウェーブとセカンドウェーブもあるはず。一世を風靡したスターバックスなどのシアトル系がセカンドウェーブだろうな……というのは想像がつくが、ファーストウェーブはいつ頃だったのかパッと答えられる人はそう多くなさそうだ。そこで、時代とともに移り変わってきたコーヒーのムーブメントをご紹介しよう。

「ファーストウェーブ」は19世紀後半から

20171117_3_01

19世紀後半から1960年代、流通の発達によってコーヒーは安価になり、大量生産・大量消費され、一般大衆の飲み物としてポピュラーな存在に。反面、粗悪品も多く、味もイマイチなのが当たり前の時代だった。そして、日本人の加藤サルトリ博士が発明したインスタントコーヒーによりコーヒー事業は大きく変化する。日本では1969年4月にUCC上島珈琲の創業者・上島忠雄氏が立ち上げたプロジェクトにより缶コーヒーが登場。翌年の大阪万博で話題となった。

シアトル系が大ブームとなった「セカンドウェーブ」

20171117_3_02

1960〜90年代に起こった深煎りブーム。1971年にスターバックスがアメリカ・シアトルで開業し、タリーズなどのいわゆる「シアトル系」のコーヒーチェーンが人気を博す。高品質の豆を深煎りし、カフェオレやアレンジコーヒーが流行り、人気コーヒーチェーンのカップを片手に歩く姿がファッションアイコンとなった。1996年8月にはスターバックス日本第一号が銀座にオープン。ドリップコーヒーだけではなく、エスプレッソをベースとしたラテなどが人気を博し、コーヒー好きのすそ野がさらに広がった。

作り手が見える豆を求める「サードウェーブ」

20171117_3_03

そして、作り手の見える豆を求め、その個性を引き出すことを大切にするサードウェーブがやってきたのが1990年代後半。これまでコーヒーの銘柄は国で表示され、数種類の豆をブレンドしていたが、サードウェーブでは単一種の苗木から収穫されたコーヒー豆だけを使用するシングルオリジンがもっとも重視されている。2015年にはブルーボトルコーヒーが日本に上陸。一号店が清住白河だったことも話題を呼んだ。

ライフスタイルや文化にも大きく影響を与えてきたコーヒーのムーヴメント。身近な存在なだけに、過去から現在まで振り返ってみると、その時代の背景もみえてきて面白い。

(出典:『Coffee Complete』)

(K)