カジュアルに強い業界人は毎日どんなワードローブを組み合わせ、どんな格好で過ごしているのだろう? そこで、お洒落人の1週間コーディネイト術をご紹介! 毎日魅せるコーデができる人こそ、真のお洒落力の持ち主なのだ。

古着を中心にした装いにバッグを添えた卓抜の着こなし

辻川直也さん(マスターピース プレスアシスタント )は、日本を代表するバッグブランド、マスターピースに所属。大阪・京都といった関西圏のショップマネージャーを経て、現在は東京オフィスでPRを担当している。TPOに合わせたバッグ選びと古着をベースにしたオリジナリティあふれる装いは必見だ。

【SATURDAY】休日はランプのある公園で、趣味のスケボーを楽しむ

01_SAT
パタゴニアのパイルベスト×リーバイスのヴィンテージデニムという王道のアメリカンカジュアルをシャツで品よく。「がっつりスケボーを楽しむというよりも、移動にちょっと乗るくらいなので、コーディネイトはいつもアメカジスタイルです。スケボーもできるヴァンズのスニーカーの色みをアクセントにしてみました」。

Credit:
シャツ1万9440円/オールソー、バッグ2万5920円/マスターピース(MSPCプロダクト プレスルーム/03-3796-1296)、ベスト/パタゴニア、デニムパンツ/Vintage、シューズ/ヴァンズ
(すべて私物)

【SUNDAY】日曜日は表参道デート。只今、彼女と待ち合わせ中

02_SUN
普段通りのカジュアルさを内包しながらも、どことなく上品さを漂わせる装いは、表参道でのデートを意識したからだとか。「古着で購入したドレスシャツは、デザインはキレイめだけどユルさのあるシルエットが好み。淡いブルーとベージュを合わせた爽やかなカラーリングと小ぶりのバッグがポイントです」。

Credit:
バッグ8640円/オールソー(MSPCプロダクトプレスルーム/03-3796-1296)、シャツ/Used、パンツ/エレファンブラン、シューズ/アナトミカ by ワクワ(すべて私物)

【MONDAY】1週間のはじまりはコーヒ片手に少し余裕の出勤。

03_MON
ジャケットから足下まで全身をホワイト×ブラックのモノトーンカラーで統一し、カジュアルとモードを併せ持った着こなしに。「[ウエスターナ]は珍しいロングサイズのモデルなので、少しだけゆったりと着られるところがお気に入りです。太めのパンツと合わせてリラックス感のあるユルい着こなしでまとめてみました」。

Credit:
バッグ1万5120円/シーシックス(MSPCプロダクト プレスルーム/03-3796-1296)、ジャケット/Vintage、パンツ/ナウ、シューズ/アナトミカ by ワクワ、サングラス/ブラン(すべて私物)

【TUESDAY】今日は一日デスクワーク。天気が良いのでテラスで打ち合わせ

04_TUE
「デスクワークが多い日は、長時間座っていても楽チンなリラックスコーデです」。鮮やかなピンクのプルオーバーもクライミングパンツのようなボトムスも、ともにストレッチが効いたアイテムをセレクト。「足下にはナイキの[エアリフト]を合わせた、とにかく着心地重視のシンンプルなスタイリングですね」。

Credit:
カットソー1万4040円/ツーディライヴ(MSPCプロダクト プレスルーム/03-3796-1296)、パンツ/オー、シューズ/ナイキ、帽子/ヤシキ(すべて私物)

【WEDNESDAY】プレスルームで撮影用のサンプル選び

05_WED
アンティークの刺し子生地を使用した羽織りものに、リメイクデニムという個性的なレーのアイテムを主軸にコーディネイト。インナーにヤシキのニット、足下にはスイコックのサンダルを合わせるなど、この日はブランドラインナップが新鮮。「装いに和のテイストを入れたい時には、レーのウエアを着ることが多いですね」。

Credit:
ニット2万2680円/ヤシキ、サンダル1万6200円/スイコック(MSPCプロダクト ソート 表参道/03-6433-5566)、ジャケット、パンツ/ともにレー、帽子/BAA(すべて私物)

【THURSDAY】友人が店長を務める新店「FAN」で談笑

06_THU
去る3月、原宿にオープンした話題のセレクトショップ「FAN」。ここでショップマネージャーを務める坂本さんとランチの帰りに雑談。コーデでは迷彩柄のパンツで古着ミックス。「デニムシャツのオールモストブラックはモード色の強いブランドですが、あえて古着のパンツを合わせて、Gジャンのように着こなしてみました」。

Credit:
バッグ3万1320円/マスターピース(MSPCプロダクト プレスルーム/03-3796-1296)、シャツ/オールモストブラック、パンツ/ Used、シューズ/ナイキ(すべて私物)

【FRIDAY】ショップ取材のため自転車で原宿のお店まで

07_FRI
プレスルームからもほど近い、表参道にあるマスターピースの店舗までの移動は、自転車を使うことがほとんど。天気のよいこの日も、お得意の古着ミックスで魅せる爽やかなコーディネイトを披露。「主役はホワイト×ネイビーのボーダーカットソーです。そこにヴィンテージデニムを合わせて、バンダナで味つけしたマリンルックに仕上げています」。

Credit:
バッグ1万2960円/マスターピース(MSPCプロダクト プレスルーム/03-3796-1296)、カットソー/アナトミカ、デニム、バンダナ/ともにVintage、シューズ/ヴァンズ(すべて私物)

さり気なく古着を取り入れた辻川さんの着こなし。オリジナリティを出したいアラサ―男子にはあえてくずしを加えた古着ミックス術で、この夏おしゃれにキメたい。

(出典:『2nd(セカンド)2017年9月号 Vol.126』)

(S)