パン好き必見!人気ブーランジェリーのパンが食べ放題で楽しめる


メゾンカイザーカフェ 丸の内店


どーもー!!よろスィーツ!!
スイーツ芸人のスイーツなかのです!!

今回は「メゾンカイザーカフェ 丸の内店」のパン食べ放題付きランチを取材してきました! メゾンカイザーといえば、超有名なパン屋さん。スイーツが大好きなボクも、メゾンカイザーのパンは大好き!

カフェも付いている丸の内店は、オフィス街の中にありエメラルドグリーンの看板がとっても美スィーツ!

パン食べ放題ランチが楽しめるのは11時〜14時まで。こちらのお店は、丸の内という立地柄、平日は近隣のオフィスで働く方が多く訪れるそう。 なので、行列ができていても意外と回転は早いそうですよ。

ランチタイムに美味しいパンを好きなだけ食べたら、午後からも元気いっぱい頑張れそうですね!



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


店内に入ると、さっそくパンのショーケースがドーン!! ん〜っ、パンの良い香り。 30種類以上を超えるバラエティ豊富なパンたちがお出迎えしてくれます! ここに並ぶ食事系パン10種類以上が、パン食べ放題にも登場します。

では、ここで、メゾンカイザーのパンのこだわりをざっくりご説明。 これを知ってから、食べ放題に行くとよりリッチな気持ちになれますよっ!

ボクが思うに一番の強みは、パンに必要不可欠な「バター」と「小麦粉」にこだわっていること。

まず、バターは雪印メグミルクが製造している特別な最高級品。 なんと北海道で作られてから一度も冷凍せずに運ばれ、そのままパンに使っているそうです。

そのバターを使った「メゾンカイザーといえばこれだ!」というパンがこちら!



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


一番人気のクロワッサン!

パリで最も美味しいクロワッサンに選ばれたこともある、看板商品です。 このクロワッサン、おわかりはできないのですが、最初のパン盛りにも半分にカットしたものがついてきますっ!嬉スィーツ!

そして、もうひとつのこだわりが小麦粉。美味しさを求めすぎて完全にオリジナルの小麦粉をつくったのだそう。すごスィーツ!

主にバゲットなどに使われる、その小麦粉を使った人気のパンがこちら!



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


こちらのバゲットも、食べ放題の最初のパン盛りについてきます。


メインが選べるパン食べ放題付きランチは3種類!


メゾンカイザーカフェ 丸の内店


いざ、パン食べ放題付きランチをレポートしてきます。

ランチは、「牛モモ肉のステーキプレート(1,500円)」「シェフサラダプレート(1,200円)」「カイザースーププレート(1,200円)」の3種類。 こちらをオーダーするとパンの食べ放題が楽しめて、さらにワンドリンクとデザートのプチフィナンシェもついてくるんです。

今回は、一番人気の「牛モモ肉のステーキプレート」を注文。 お肉が美味しそぉ〜〜!

お肉のほどよい厚みに、さっぱりとジューシーな味。 甘さも感じるソースに、絡む牛モモ肉の食感がずっと美味しいのなんのって。 このソース、聞いてみると丸の内店オリジナルの製法で作られているのだとか。


抹茶と柚子のパン、レーズンのパンなど約10種類のパンが食べられる


メゾンカイザーカフェ 丸の内店


最初に、クロワッサンやバゲットなどパン盛り3種類がついてきます。 名物のクロワッサンに、バゲットなんてうれしい!

これをぜんぶ食べてから、パンのおかわりができます。

というわけで、ここからはおかわりのパンをご紹介! その日によって、パンの種類は変わるのでそこだけはご注意を。



メゾンカイザーカフェ 丸の内店




ジャン!!こんなに食べられちゃいます!! 甘い系のパンから、お肉にあう食事系パンまで豊富なラインナップ。

カットされているので、いろんな種類を味わえるのもうれしいですよね! こちらのカゴに入れてパンをサーブしてくれるのですが、カゴのパンがなくなったら随時追加されるので、約10種類のパンがいただけるそう!

さっそく、この日食べたパンの一部をご紹介していきますね!



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


抹茶生地に柚子のスライスを合わせた、その名も「抹茶と柚子のパン」です。 女性の方は、きっと好きな爽やかな甘さ! 何個でも食べられると思ったくらい美味しかったです。



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


2種類のレーズンを使った「ヴィエノワーズレザン」。 レーズンの甘酸っぱさが、とっても心地良いバランスです。



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


はちみつとオリーブオイルの生地にオレンジピールを練り込んだ「オレンジのエクメック」。 オレンジの爽やかさと、クセになる食感が同時に楽しめます。



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


ドライイチジクを練り込んだハード系の「イチジクのパン」です。 イチジクの弾けるような食感と生地が絶妙にマッチ!



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


ヘーゼルナッツとくるみをターメリック生地に練り込んだ「キュルキュマ」。 黄色い生地が印象的ですが、ヘーゼルナッツとくるみの食感も楽しめます。



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


ハーブでマリネしたセミドライトマトを練り込んだ「トッサードトマト」。 こちらのパン、お肉のソースとの相性がめっちゃ良かったです!ワインとの相性も良さそうで、万能な食事パンです。

以上、パンたちのご紹介でした。

なんと、ショーケースに並んでいる食事系のパンは、食べ放題のカゴになくても頼むとその場でカットもしてくれるそうですよ。これはリピートしたくなります!


ランチにプラス250円でスイーツもつけられる!


メゾンカイザーカフェ 丸の内店


さらに、ランチではプラス250円でハーフタルトがオーダーできます! スイーツ芸人なんですから、やっぱりスイーツということで、2種類のハーフタルトを食べてみました。


メゾンカイザーカフェ 丸の内店


こちらは、4種類のベリーがのった「タルトモンジュ」。

フロマージュブランと生クリームのムースと合わさった爽やか系のタルト! ベリーの瑞々しい食感と、酸味のあるなめらかなクリームの相性がナイスィーツ!



メゾンカイザーカフェ 丸の内店


続いて、カスタードクリームを焼き上げた焼きプリンのタルト「フラン」。

カスタードのコクがしっかり感じられて、甘さと香ばしさがしっかり噛み合っています。 タルト生地の食感とも相性いい!これまた、絶品・・・!


まとめ


メゾンカイザーカフェ 丸の内店


以上、メゾンカイザーカフェの取材でした。

このランチは平日、休日に限らず毎日やっているのもうれしいポイント。 同僚とランチをするもよし、休日にガールズトークしながら優雅にパン食べ放題を楽しんでもOK!女子会で使う人も多いそうですよーっ!

みなさんも、丸の内界隈でパンランチが食べたくなったら、行ってみてはいかがですか?

美味しいパンをお腹いっぱい味わったら、午後からの時間もパワフルに過ごせそうですよ!

メゾンカイザーカフェ 丸の内店

住所:東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング iiyo1F
電話番号:03-6269-9411
営業時間:月〜土8:00〜22:30(L.O.21:30)、日・祝10:00〜20:00(L.O.19:00)
定休日:ビル定休日に準ずる
最寄り駅:大手町





スイーツ芸人 スイーツなかの

◆取材・執筆/スイーツ芸人 スイーツなかの

特注オーダーしたBigなパンケーキ帽がトレードマークの唯一無二のスイーツ芸人。 年間500軒以上を食べ歩き、今までに巡ったスイーツショップは2000店以上にものぼる。 テレビ、ラジオ、雑誌など多数のメディア出演、商品監修も行う。 よしもと所属。早稲田大学第二文学部卒業。 日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ会員。


※2017年7月20日の情報です。価格やイベント内容は変更になる場合があります。