都会にいながらリゾートへワープ!プレミアム感満載なひとときを/snow peak glamping


snow peak glamping


今日は天気も良いし、絶好のグランピング日和!とワクワクしながらやってきました。表参道駅A5出口から徒歩5分。南青山の一角に佇むビルの屋上に「snow peak glamping(スノーピークグランピング)」はあります。

アウトドア好きな人にはおなじみのブランド「snow peak」によるグランピング料理のお店。デザイン性と機能性の高いキャンプグッズを揃えることでも知られるブランドがプロデュースしていると聞いたら自然と期待も高まります。


snow peak glamping


グランピングとは、魅力的なという意味を持つ「グラマラス」と「キャンピング」を掛け合わせた造語。キャンプの楽しさはそのままに、気軽なのに特別感のある体験ができるキャンピングスタイルのこと。

お店に一歩足を踏み入れた途端、女子がと自然とテンションアップしちゃうオシャレでエレガントな内装が。外国のリゾートにきたようなゴージャス感♡


snow peak glamping


質感や素材までこだわりつくしたというフランス製オーダーメイドのソファは座りごこち抜群!

虫もいるし、お手洗いも不安だし、落ち着かない…と、実は自然豊かな場所でのアウトドアは苦手という女子も多いのでは?ここならそんな心配無用でアウトドア気分も満喫できて、日常にはないプレミアムなステイが楽しめます。


snow peak glamping


屋上ならではの開放感を生かした空間で、風や光の入りかたがとにかく気持ちいい♡

「青山にいるのを忘れてしまうくらい、空が広い!」とMIHOさんも一気にリラックスモードに。天井には開閉自由な屋根も付いているので、突然の雨や日差しが強い日も安心です。

お互い仕事が忙しくてなかなか会えていなかった女友達とチルするにはピッタリ♡

エレガントな空間で味わうシンプル&ヘルシーなグランピング料理


snow peak glamping


アウトドアかつエレガントな空間ももちろんイチオシポイントですが、実はグランピングには興味がないという女子もトリコにしてしまうお料理の数々が同店の最大の魅力。

ここからは、ひとつ下の階にあるフレンチレストラン「I・K・U青山(イクアオヤマ)」のシェフが手掛ける、屋外だからこそ楽しめるフレンチベースのヘルシーでシンプルなグランピング料理をご案内してきましょう。


snow peak glamping


まずは「スパークリングワイン」(グラス1,080円)で乾杯。広い空の下で飲むお酒って最高すぎる♡

夏だからこそ楽しめる、アウトドア感をさっそくSNSにポストしたい♡と写真の撮りあいっこも開始!


snow peak glamping


グランピングディナーは3コース。

前菜とメイン料理が2皿ずつの全7皿提供される「スタンダードコース」(8,424円)のほか、「ショートコース」(5皿6,264円)と「スペシャルコース」(8皿12,960円)の3コース。今回はそのすべてのコースに共通するお料理をご紹介します


snow peak glamping


前菜の前の一品目が「コールドプレスジュース」。専用のジューサーで熱を加えることなくプレスしたジュースに使われる旬の野菜や果物は、農薬や肥料を一切使用せず、植物と土の本来持つ力を引き出す農法で育てられたものを厳選。

それぞれデトックス(右)、ビューティー(中)、パワーチャージ(左)の3つのテーマでブレンドされた野菜や果物のジュース。順番に飲んでいくことで美容と健康に欠かせない酵素を効果的に、生きたまま体に取り入れることができるのだとか。


snow peak glamping


身体をきれいにしてくれるジュースでスタートなんて、女子にうれしいことしかないけど、コールドプレスって独特の味なことも多い。おそるおそる飲むMIHOさん。

「これは…すっごくおいしい♡野菜や果物を目の前に並べてくれるのも楽しい♪」一口で、笑顔がこぼれました。

素材のおいしさを生かした、シンプルでヘルシーな料理だからこそ、野菜や果物だけでなく、肉や魚もどう育ったかまでを確認できる日本全国の生産者から仕入れた安心・安全な食材ばかりを使用しているのだそう。


snow peak glamping


続いては、「小さなお楽しみ」と名付けられた前菜のプレート(写真は2人前)。

左上から時計回りに愛農ナチュラルポークのテリーヌとジャンボン、生ハムとラタトゥイユ、焼とうもろこしの冷たいスープ、かぼちゃのクロケットの盛り合わせ。野菜を使ったピンチョスなどを中心にした前菜は、季節によって内容を変えます。


snow peak glamping


「さっきのジュースといい、見た目がオシャレ♡どれから食べるか迷っちゃう」

素材や味わいへのこだわりだけでなく、料理の美しさもコンセプトのひとつ。どのお皿も素材の色彩豊かなので、まずは目でしっかりと楽しんで♪SNS用の写真も忘れずに撮って、食べる前から盛り上がっちゃいます。


snow peak glamping


シンプルなのに隅々まで繊細な料理の数々に、「これ、ワインに合う♡」なんて、笑顔とお酒とガールズトークはもはやノンストップ状態に。

ラグジュアリーで開放的な空間においしい料理。シアワセ時間はまだまだ続きます。


snow peak glamping


おしゃべりと食事を楽しんでいると、お待ちかねのメイン料理が到着!

8月から新たに登場した、おしゃれキャンパーのマストアイテムとも言える「STAUB(ストウブ)」と「snow peak glamping」がコラボして誕生したオリジナルココットで楽しむお肉料理です。


snow peak glamping


「わー!かわいい〜!!」蓋を開けた途端に歓声が湧き上がりました。この日のメイン料理は「近江牛と愛農ナチュラルポークのココットロティ 自然栽培の野菜達と共に」(写真は2人前)。

滋賀で県産肉を専門に扱うサカエヤによって厳選された安心安全で最高品質のお肉と、大きめカットのオーガニック野菜を、オーブンでじっくりと火を通したSTAUBならではの料理です。(ショートコースは愛農ナチュラルポークの1種となります。)


snow peak glamping


「お肉料理でかわいいって思ったの、はじめてかも!STAUBのままテーブルへ提供されるのもキャンプっぽくていい♪」


snow peak glamping


「このお肉、分厚すぎる♡」

豪快なお肉料理は、あえて豪快にいただくのもグランピングならではの楽しみ方。やわらかく歯切れの良いお肉は、口いっぱいに上質な肉のうまみがじゅわ〜っと広がり、シアワセ感じちゃいます♡


snow peak glamping


どのコースもメインの後に、パスタなどの〆料理とデザートで幕を閉じる充実の内容。ゆったりとくつろげるので、食後の余韻も心ゆくまで楽しんじゃいましょう。


snow peak glamping


STAUB社とのコラボした鍋のほかにも、店内ではテーブルやカトラリーなど、スノーピーク製のアイテムがさまざまなところで使われ、それらがしっかりとキャンプ感を醸し出してくれています。

かっこよくてかわいいキャンプグッズは、どれもオシャレ♡ここをきっかけにグランピングを始める人もいるのだとか。スタッフさんもアウトドアの達人をそろえているので、相談にも乗ってくれますよ。

まとめ


snow peak glamping


仕事帰りにもふらりと立ち寄れる立地なのに、都会にいることをすっかり忘れさせてくれる、開放的なグランピング空間はとにかく最高♡

アウトドア風味もしっかりと味わいながら、充実のグランピング料理とラグジュアリーなサービスに身も心も満たされた贅沢なひとときは、一度体験したらハマっちゃうはず。この夏、マストで体験してみて。




snow peak glamping(スノーピークグランピング)

住所:東京都港区南青山6-1-24 南青6124ビル 屋上
TEL:03-9805-1199
営業時間:12:00〜15:00(LO.14:00)、18:00〜22:30(LO.20:30)
定休日:日曜、第1・3月曜
価格:ランチコース 4,104円〜(アラカルトメニューあり)、ディナーコース 6,264円〜
最寄駅:表参道





MIHO

MIHOさん

セレクトショップ Beautiful Sailプロデューサーの傍ら、モデル・ブロガーとしても活動中。
SNSなどでは海を感じるヘルシーなライフスタイルを発信している

取材・文/君島有紀

※2017年7月31日の情報です。価格やメニュー内容は変更になる場合があります。