豆乳クリームを使った“ティラティス”をはじめ、近年人気を集めている豆乳スイーツ。「青山通りのプリン屋さん」の青山店では、卵不使用の生プリン「とうふのプリン」が販売されています。

とうふのプリンは、遺伝子組み換えしていない大豆を使った良質の豆乳と生クリーム、砂糖、塩化マグネシウム(にがり)で作られたプリン。下にはカラメルではなく、小豆が入っています。価格は378円(税込)。

青山通りのプリン屋さん「とうふのプリン」
真っ白

持つだけでふるふると揺れるプリンは、とろけるような口あたり。まろやかな味わいが口いっぱいに広がります。豆乳スイーツってさっぱりしすぎているな〜と思うこともあったのですが、これは生クリームのコクがしっかり感じられて濃厚!“甘いとうふ”ではなく、デザート感のあるリッチな仕上がりです。

青山通りのプリン屋さん「とうふのプリン」
大豆のくさみはゼロ

ホクホクとした小豆が良いアクセント。小豆本来の風味がプリンにそっと寄り添い、上品なハーモニーを奏でます。どこか懐かしいほっこりするおいしさ。

青山通りのプリン屋さん「とうふのプリン」
下の方に小豆がゴロゴロ

あわせて、期間限定の抹茶フレーバー「豆乳抹茶のプリン」も発見。価格は378円(税込)。

青山通りのプリン屋さん「豆乳抹茶のプリン」
こちらも小豆入り

豆乳、抹茶、小豆が合わないわけがありませんよね?食べる前からおいしいことはわかっていたのですが、口にすると想像を超えるおいしさ。それぞれの風味が絶妙にマッチした和の味わいが口内を満たします。甘すぎず、あと味にうまみが残るところも高ポイント。

青山通りのプリン屋さん「豆乳抹茶のプリン」
口の中でとろける〜

同店では生プリンのほか、日持ちのする「とうふのプリン」や「黒胡麻のプリン」も販売されています。豆乳スイーツが好きな方への手土産にもよさそうですね。