岩手のお菓子

岩手の名菓「かもめの玉子」。三陸の空を飛ぶかもめがモチーフのお菓子で、黄味餡がカステラ生地とホワイトチョコで包まれています。

その姉妹品「黄金かもめの玉子」を発見しました。様々なフレーバーが出ているのは知っていましたが、“黄金”に出会ったのは初めて。価格はちょっとリッチなひとつ360円。黒い箱のパッケージから高級感があふれています。

さいとう製菓「黄金かもめの玉子」
ひとつひとつ箱入り

スポンジと白餡の中に、選び抜いた栗を丸ごと入れたお菓子。トップは金箔で装飾されています。なんとも贅沢!

さいとう製菓「黄金かもめの玉子」
キラキラ

外側のチョコはなめらかに口どけ、内側のしっとりとしたスポンジへとバトンタッチ。さらにねっとり白餡が濃厚な甘みを放ちます。クリーミーなコクと、餡の豊かな風味が混在した和洋折衷のおいしさ。

そして中心には大粒の栗がゴロッと!ホクホクしており、上品な甘みを楽しめます。かなり存在感があって、栗好きにはうれしい限り。輝く金箔と相まってリッチな気分に浸れます。

さいとう製菓「黄金かもめの玉子」
栗が大きい!

ひと口ごとにしっかり味わいたい贅沢な「黄金かもめの玉子」。お土産にはもちろん、自分へのご褒美にもいいかもしれません。