デイトリウムジャパンは、「Datrium DVX」において、ベアメタル(物理)サーバーにて稼働するデータベースのIO性能高速化にHCI(Hyper Converged Infrastructure)として初めて対応したことを発表した。これにより、データベース性能を最大限に発揮できるベアメタルと、利用効率の高い仮想環境を単一のプラットフォームに統合し、企業における数多くのシステムを集約して運用させることが可能となるという。

 サーバーの仮想化はここ15年以上にわたり普及し、そのインフラ基盤として利用されるHCIは、シンプルな構成で運用できるシステムとして急速に浸透している。その反面、高速かつ安定した稼働が求められるシステムには、ベアメタルサーバーを使用している企業も多く存在する。

 仮想環境を前提として設計されたHCIは、サーバーやネットワークのリソースを複数のワークロードで利用するため、想定外の負荷による性能問題が懸念されるという。「Datrium DVX」は、ベアメタルサーバーのデータベース動作をサポートし、高性能なインフラストラクチャー環境を提供するという。

 「Datrium DVX」でベアメタルサーバーをサポートするデータベースは、オープンソースリレーショナルデータベースであるPostgreSQLになる。「Datrium DVX」によるベアメタルサーバーの優位点は以下のとおり。

 ・ベアメタルサーバーに搭載したSSDまたはNVMeデバイスに、全てのデータをキャッシュとして格納することで、アプリケーションの処理速度を向上させ、PostgreSQLのデータベース処理時間を短縮。

 ・データの重複排除、圧縮、暗号化をインラインで行い、ベアメタルサーバーに保存するデータを削減するとともにシステムのセキュリティを確保。

 ・アプリケーションを他の仮想環境から隔離し、ベアメタル サーバーで動作させることにより、高速かつ安定したシステム性能を発揮。

 ・サーバーのメーカーやモデルに制限はなく、ユーザーが利用したい最新のサーバーを利用することが可能。

 ・システム全体にデータ重複排除を実施することで、ベアメタル サーバーと仮想サーバーに一貫したデータ削減を実現。

 ・システムにビルトインされたバックアップによって、データの安全な保護と災害対策を実施。

 ・ベアメタルサーバー、VMware/Red Hat/CentOSによる仮想環境、Docker環境下でのコンテナの混在を可能としたインフラストラクチャーを提供し、企業内のシステムを「Datrium DVX」に統合することが可能。

 ・サーバー、ストレージ、バックアップ、ならびにクラウドへの遠隔地保管を1つの画面で操作することができ、管理者に掛かる運用負荷を大幅に軽減。

EnterpriseZine編集部[著]