キャスターは、リモートワークなど多様な働き方に適したセキュリティ性の高いデスクトップ環境をクラウド型で実現する「Caster Entry」を2月25日から提供開始すると発表した。

 「Caster Entry」は、リモートワークなど柔軟な働き方に適したセキュリティ性の高いデスクトップ環境をクラウド型で提供するDaaS(Desktop as a Service)サービスになる。

 クラウド上に利用者ごとの仮想マシンを割り当て、個々のパソコンに入っていたアプリケーション・社内データ・セキュリティソフト・OSを含むデスクトップ環境をクラウド上で一括管理し、ネットワークを通して利用者の端末にそれぞれのデスクトップを表示する。

 各端末にデータを残さず、パソコンやスマートフォンなど、端末の種類を問わずにいままで使用していたデスクトップと同じ環境にアクセスができるので、利用者の利便性を落とさずに企業のコンプライアンス・セキュリティ対策の強化を実現するという。

 ■「Caster Entry」の特徴



初期費用0円
1名から利用可能
申込書受領後、最短翌日から利用可能
物理的なサーバーを置く必要がないので、コスト削減が可能

EnterpriseZine編集部[著]