翔泳社では、企業・組織のクラウド利活用にまつわる様々なリスクとその対応策を実例や国内外の法規制などを交えて分かりやすく解説した電子書籍『マルチクラウド時代のリスクマネジメント入門』(著:KPMGコンサルティング)を3月8日に発売します。

 今やクラウドという言葉、概念、サービスは完全に市民権を獲得し、企業において複数のクラウドを積極的に導入・利用推進している状況が新しいものでは無くなっています。  クラウドとは何か、クラウドを導入するメリットは何か、クラウド導入に欠かせない技術手法は何か、そのような推進・活用方法については企業の中で一通りの整理を実施中、ないしは終わっている状況ではないでしょうか。  一方、「マルチクラウド」と「リスクマネジメント」という2つのキーワードでクラウドを捉えた場合、企業において課題が山積しています。この2つの観点は、クラウドを積極的に推進していくうえで、欠かせない要素となっています。  クラウドのリスクを正しく理解し、クラウドを積極的に使いこなすために、クラウドの導入・利用を推進するIT部門や事業部門の担当者は今、どのようなポイントを押さえておくべきでしょうか。  本書『マルチクラウド時代のリスクマネジメント入門』(著:KPMGコンサルティング)では、クラウド利活用にまつわる様々なリスクとその対応策を最新の企業・組織事例や法規制等を交えて分かりやすく解説しています。

目次

第1章 クラウド登場から10余年、日本企業のクラウド導入状況はどうなってる? 第2章 いまだ払拭しきれないクラウドに抱く“不安の正体”とは? 第3章 その責任はクラウドサービスベンダー側? それとも企業側? クラウドサービスの「責任分界点」をあらためて整理してみよう 第4章 その契約内容で本当に大丈夫ですか?導入企業が必ず注意しておきたいクラウドサービス契約上のポイント 第5章 GDPR、個人情報保護法…クラウドサービスを取り巻く国内外の法規制とリスク対応 第6章 対岸の火事ではない!クラウドサービス利用で起こりうる事故とは? 第7章 クラウドのメリットを最大限に活かすための留意点 第8章 障害対応の長期化、セキュリティ、サービス管理の複雑化…マルチクラウド環境で想定されるリスクへの対応法 第9章 経営層から「クラウドで大丈夫か?」と聞かれたらどう答えるべきか? 第10章 クラウドを利用しないことがリスクになる時代!リスクを正しく理解し、積極的に使いこなす

Amazon  SEshop

クラウドのリスクを正しく理解して、積極的に使いこなす!

著者:KPMGコンサルティング
発売日:2019年3月8日
形式:電子書籍
価格:700円+税

本書について

本書は、EnterpriseZineの人気連載「マルチクラウド時代のリスクマネジメント入門」をまとめて加筆・修正したものです。クラウド利活用にまつわる様々なリスクとその対応策を最新の企業・組織事例や法規制等を交えて分かりやすく解説しています。クラウドの導入・利用を推進するIT部門や事業部門の担当者におすすめです。

EnterpriseZine編集部[著]