インサイトテクノロジーは、「db tech showcase Tokyo 2019」を9月25日(水)〜27日の3日間、東京・秋葉原の秋葉原UDXカンファレンスで開催する。このイベントでは、データベースに関する最新情報のセッションが5トラックで展開される予定だ。

 イベントでは、「デジタルトランスフォーメーション(DX)の本質〜その潮流と確かな進め方を理解するために〜」と題したオープニングセッションが、ITRの内山悟志会長とインサイトテクノロジーのアレン・マイナーCEOによって行われる。

 また、注目されるのは、「次期SQL:2020はどのような仕様になるのか?」と題した9月27日のセッション(E16:16:00〜17:15)。このセッションでは、日本から唯一のISO規格会議の参加者である首都大学の土田正士氏が登壇する。

 過去のSQL標準を踏まえ、新しい標準策定の状況や見通し、標準を決める会議の実態などが紹介されるという。聞き手は、「週刊DBオンライン」でおなじみの谷川耕一氏。

 ■開催概要



主催:インサイトテクノロジー
日時:2019年9月25日(水)9:30〜18:40(開場 9:00)
       9月26日(木)10:00〜18:40(開場 9:30)
       9月27日(金)10:00〜18:40(開場 9:30)
会場:秋葉原UDXカンファレンス(東京・秋葉原)
参加費:無料(事前登録制)
詳細と申し込み:Webサイト

EnterpriseZine編集部[著]