NTTデータは、企業のIT部門に向けたハイブリッドクラウド環境およびマルチクラウド環境におけるITインフラマネージドサービスを10月9日から提供開始すると発表した。

 このサービスは、企業が現在活用中もしくは導入を検討しているオンプレミス、クラウド、サーバーレス等、多様な環境で構成されるITインフラについて、NTTデータのインフラディレクターやオペレーターが導入のコンサルティングから運用実施までをワンストップで提供するもの。

 これまで、NTTデータがシステム開発や運用の実績で培ったノウハウと最新のテクノロジーを活用し、ITインフラ運用の自動化・自律化等を行うことで、企業がより高度な業務に注力できる環境の実現を支援するとしている。



ITインフラマネージドサービスの概要および特徴

 ・デジタル技術による予見的かつ迅速な運用を実現

 膨大なログデータや運用実績・管理データからノウハウを蓄積したAIエンジンを活用し、故障発生の予兆を通知する等の予見的な運用を行う。また、自動運用エンジンと統一的なマネージメントプラットフォームで、迅速で確実な運用を実現。

 ・実績豊富なインフラディレクターとオペレーターが対応

 多くの実績を積んだインフラディレクターとオペレーターが、多様で複雑化する企業のITインフラ運用を最適化すべく、コンサルティングから運用まで一元的にサポート。

 ・UX向上を追求したコミュニケーションを実現

 スマートフォン、スマートウォッチ、タブレット端末等のデバイスと、ポータルサイト、電話、チャット等の多彩なコミュニケーション手段で運用状況の把握や作業依頼を可能にする。

EnterpriseZine編集部[著]