富士通クラウドテクノロジーズは、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」と同等のIaaS基盤を顧客企業が指定するデータセンター内に構築し、専用のクラウド環境として利用できる「ニフクラ プライベートリージョン」の提供を、10月17日から開始すると発表した。

 このサービスは、クラウド環境の基盤システムを構成するハードウェア、統合管理を実現するコントロールパネルなどのソフトウェア構築だけでなく、障害を未然に防ぐための予兆検知や運用工程の自動化などを包括的に提供するという。

 顧客企業が指定するデータセンターで「ニフクラ」と同等のIaaS基盤を利用できる「ニフクラ プライベートリージョン」を活用すれば、データの機密性とパブリッククラウドの利便性を両立でき、ITインフラの保守運用にかかっていた予算をDX(デジタルトランスフォーメーション)に投資することも可能になるとしている。

「ニフクラ プライベートリージョン」概要イメージ

「ニフクラ プライベートリージョン」の特徴

 「ニフクラ プライベートリージョン」は、300VM程度の規模から利用できる「プライベートリージョン Basic v.1」と、拡張性に優れた「プライベートリージョンLarge v.1」の2種類から選択可能できる。

 既存環境のハードウェアやハイパーバイザー層の管理・運用コストを削減できるだけでなく、企業のデータセンター内のハードウェアを用いることで、重要なデータを取り扱うシステムなどをセキュアな環境で運用することが可能になる。

 また、「ニフクラ」は、多くの企業が仮想化基盤に採用しているVMware vSphereをベースにしたクラウドのため、同基盤との親和性が高くスムーズな移行が可能。既存環境とのL2接続も可能で、IPアドレスを変更せずにサブシステムから移行して既存システムと連携する、といった活用も容易に実現できる。

 さらに、プライベートリージョンを構成する機器の更新時も企業側での環境移行作業や追加料金は原則不要で、シームレスにクラウド環境を使い続けることができる。

EnterpriseZine編集部[著]