日商エレクトロニクスは2019年11月21日、企業IT環境のクラウド移行をセキュリティの観点から支援する「Hybrid Security PoCラボ」の設立を発表した。ユーザーは、クラウド移行時の検証環境を簡単に構築でき、合理的な検証の実施が可能となる。

 企業システムを刷新する際、クラウド利用を優先する企業が急増している一方で、オンプレミス環境を一斉に廃止することは困難なため、段階を踏んで移行するケースが主流だ。

 そこで日商エレクトロニクスは、検証環境の準備・整備に時間や手間、コストがかかってしまうというユーザーの課題を解決するため、「Hybrid Security PoCラボ」を設立。同ラボはクラウド上での検証専用で、検証環境を簡単に準備・整備できる。さらに、必要に応じて同社の技術的サポートを受けることもでき、ユーザーが自社のみで行うよりもスムーズで合理的な検証を行えるという。

出典:プレスリリース

 「Hybrid Security PoCラボ」は、第1弾のサービスとしてSaaS連携及びCloud Access Security Broker(CASB)、Secure Web Gateway(SWG)におけるセキュリティをユーザー自身で検証できる環境を用意。今後はIaaS、PaaS、オンプレミスとの連携テストや、IDaaS認証方式の評価、ACL評価など検証環境の順次拡張を予定している。

EnterpriseZine編集部[著]