ファイア・アイは、同社のエンドポイント・セキュリティ・ソリューションに、新たにクラウドおよび仮想アプライアンスによる提供形態を発表した。新しいクラウドおよび仮想アプライアンスによるエンドポイント・セキュリティ製品は2017年第3四半期までに世界中で提供開始され、顧客企業やパートナー企業はクラウドへと移行することが可能になるという。

 EDR (Endpoint Detection and Response) 機能のパイオニアであるファイア・アイが提供するクラウドと仮想エンドポイント・セキュリティ製品は、2017年に提供が可能となる主要アップグレードの1つで、これによりファイア・アイはセキュリティの簡素化、統合化、自動化を実現するインテリジェンス主導型のエンドポイント・プロテクション・プラットフォーム(EPP)の提供を目指すという。また、2017年には、次のような追加アップグレードが予定されている。



アンチウイルス(AV)機能の搭載と、復旧機能の追加を第3四半期に実施
Linuxサポートを追加し、macOSとWindowsを含むすべての主要コンピュータ・プラットフォームに対応
同社の長年に渡るデータサイエンスと人工知能(AI)リサーチに基づき、セキュリティ運用の簡略化に向けた継続的な投資

 パートナー企業にとっても、この新しい提供形態によるファイア・アイのエンドポイント・セキュリティの利点があるという。パートナー企業はハードウェアを使わなくても、仮想アプライアナスおよびクラウドで稼働するエンドポイント・セキュリティを直ちに導入・展開でき、またこれらの製品を顧客企業向けにホスティングしたり、仮想的に管理するといった選択肢を提供できる。この選択肢によって、コストと導入の複雑さが低減され、グローバルで実績の高いセキュリティ企業のソリューションに大きく拡張できるようになるとしている。

 さらに、「FireEye Helix(ヘリックス)」を使うことにより、パートナー企業はエンドポイント、ネットワーク、そしてサードパーティー製品のアラートが統合され、リスクのある脅威情報を1つの環境で管理し、顧客企業のセキュリティ運用を簡素化できるという。「FireEye Helix」は、顧客企業あるいはパートナー企業によっても管理が可能で、顧客企業が追加の専門知識を必要とするときには、ファイア・アイのセキュリティ専門家が即時に対応するという。

EnterpriseZine編集部[著]