NECは、企業における「働き方改革」を推進するため、業務運用を自動化・効率化するRPA(Robotic Process Automation)ソリューションとして、ソフトウェア製品「NEC Software Robot Solution」と、ソフトウェアロボット導入前の適用検証サービス/導入後の支援サービスを販売開始すると発表した。

 従来、バックオフィスなどにおいては、パソコンやサーバーで行う定型作業に費やす工数の削減や作業品質の改善が課題になっていたという。このソリューションでは、今まで自動化できずに人が時間をかけて行っていた業務をソフトウェアロボットが代行することで、大幅な業務効率化を実現するという。

 たとえば、繁忙期に通常の数倍に膨れ上がる納品伝票入力業務において、臨時で入力担当者を雇うのではなく、納品伝票をOCRスキャナでデータ化し、このソリューションと連携させることで、入力業務が自動化され、大幅に入力時間を短縮できるという。

 また、NECグループ内への適用で培った知見をもとに、導入前における業務プロセスへのRPA適用検証を支援するとともに、24時間365日対応可能な保守サービスも提供するなど、導入後の継続的な活用も支援する。

 新製品とサービスの特徴は次のとおり。

 ・既存の作業プロセスのまま、コンピュータ業務の効率化を実現

 高度な画面認識性能を持つソフトウェアロボットに対して、データの収集や加工・集計など、パソコンやサーバー上で自動化させたい作業に必要なマウスやキーボード操作を、画面上で登録・実行することで、業務を自動化できる(CSV等のデータ読み込みによる処理も可能)。画面上で行うアプリケーションやシステムの操作を簡単に登録できるため、既存の作業プロセスやシステムを大きく変更せずに導入でき、定型業務の効率化(品質向上、処理スピード向上、コスト削減)と、高付加価値業務への人的リソースシフトによる収益性向上に貢献。

 ・NECグループで培った知見をもとにした導入前の適用検証サービス

 NECグループ内で選定した発注管理や工数管理などの業務に適用した結果として、年間で約7割の工数削減効果が見込まれている。これらNECグループ内で培った知見をもとに、RPAを適用する業務の選定や、適用後の業務成果イメージ、また実際のソフトウェアロボット開発など、本格導入前における適用検証サービスを3プラン(RPAお手軽プラン/RPA標準プラン/RPAお任せプラン)を提供。

 ・導入後の活用も支援するサービスメニュー

 RPA導入後の保守サービスとして、24時間365日対応可能なメニューも用意。また、導入後の安心・安全な活用を支援するため、ユーザー自身で作成したソフトウェアロボットに対する技術的な問い合わせ対応を行う開発支援サービスや、企業内でより多くの担当者がソフトウェアロボットの実装方法を学習できる教育サービスも提供。

 ・今後のソリューション強化について

 NECグループの本社機能を分担するNECマネジメントパートナーにおいて、7月よりこのソリューションをバックオフィス業務に適用することにより、業務の効率化と高度化による従業員の「働き方改革」を推進するとともに、適用成果をこのソリューションの今後の強化に反映していく。

EnterpriseZine編集部[著]