ディスカバリーズは、Microsoft Office 365のログ分析・レポートサービスであるクラウドサービス「インテリレポート」が、管理ユーザーを追加できる新機能を加えてバージョンアップしたことを発表した。

 今回のバージョンアップによって、企業内に複数あるSharePoint Onlineのサイトコレクションそれぞれに管理ユーザーが追加できるようになり、各部門や部署単位で詳細の利用傾向を把握できるようになるという。

 「インテリレポート」は、Office 365サイトのアクセスログを収集して分析・レポートするクラウド サービス。「インテリレポート」が独自に収集するSharePoint Onlineのアクセスログに加えて、Office 365とOne Drive for Business監査ログも収集して分析・レポートする。

 Office365の監査ログは、テナント単位で出力されるため、部門のサイト管理者にはアクセス権がない場合が多いのが現状だ。しかし企業ではグループ会社や各部門、部署単位でサイトコレクションを運営しており、それぞれが特定サイトのOffice 365監査ログを含めるアクセスログデータを収集・分析して利用傾向を把握したいというニーズが多く寄せられていた。

 「インテリレポート」を使用することで、特定のサイトコレクションの監査ログを閲覧しエクスポートすることができるようになるため、アクセス頻度や時間帯、よく見られているコンテンツなど利用傾向に加えて、「いつ」「だれが」「どこから」アクセスして「どのような操作をしたか」までの詳細を把握して、それぞれのサイトコレクション単位で改善と運営ができるようになる。

EnterpriseZine編集部[著]