独立系ITコンサルティング・調査会社であるアイ・ティ・アールは、国内のエンタープライズ・モバイル管理市場規模推移および予測を発表した。

 2016年度の売上金額は117億円、前年度比21.2%増と大幅な伸びを示した。2017年度も同17.7%増と引き続き高い伸びを予測している。今まで特定の部門で利用されていたエンタープライズ・モバイル管理製品/サービスが、全社規模での利用へと範囲を拡大していることが背景にある。また、政府主導で進められている働き方改革により、テレワークや在宅勤務制度を導入する企業が増えていることも市場の拡大を後押ししている。

 同市場はモバイルデバイスの出荷台数の減速に伴い、やや陰りが見え始めているものの、中長期的に安定した伸びが見込まれることから、CAGR(2016〜2021年度)は9.9%を予測している。

 エンタープライズ・モバイル管理市場をパッケージとSaaSの提供形態別で比較すると、2016年度はパッケージ市場が前年度比8.5%増に対し、SaaS市場はこれを大きく上回る同23.2%の伸びを示した。今後もSaaSを中心に導入が進むものと予想している。

エンタープライズ・モバイル管理市場規模推移および予測

 今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「エンタープライズ・モバイル管理市場2017」に詳細が掲載されている。レポートには、エンタープライズ・モバイル管理市場の全3分野を対象に、国内23ベンダーへの調査に基づいた2015〜2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測が掲載されている。

EnterpriseZine編集部[著]