パスロジは、同社が開発・提供する認証プラットフォーム「PassLogic」がWindows 7サインインに対応したことを発表した。

 5月18日にリリースされた「PassLogic Ver.3.0.0」で、Windows OSへのサインインに、PassLogicのトークンレス・ワンタイムパスワード(OTP)が利用できるようになった。Windows OSへのサインイン機能「PassLogic for Windows Desktop」につきましては、すでにさまざまな業界の企業から関心が寄せられているという。

 「PassLogic for Windows Desktop」は、WindowsのAD連携ユーザのログオン時にPassLogic認証を適用する機能になる。社内システムやクラウドアプリケーションへの認証だけでなく、Windows OSへのサインインに、PassLogicのトークンレスOTPが利用できる。端末を起動すると乱数表が表示され、ハードウェアトークンなどの認証用機器なしで、セキュアなワンタイムパスワード認証を利用できる。

Windowsサインインの「PassLogic」利用イメージ

 働き方改革やテレワークに注目が集まる中、「認証セキュリティ」に今まで以上に対策の必要性が高まっている。テレワークは勤務場所が自由である反面、利用者がどのような端末を使い、どこからアクセスをしたのか、システム管理者側では把握が難しくなる。

 PassLogic認証によるOTPは、毎回ランダムにパスワードが変わるため、固定パスワードに比べパスワードを盗まれる危険性が少なく、社外からのリモートアクセスやテレワークに適しているという。また、WindowsサインインにPassLogic認証を利用すれば、内部のアプリケーションだけでなく、端末自体をOTPで守ることが可能になるとしている。

EnterpriseZine編集部[著]