ベースラインAPT対策コンソーシアム(BAPT)は、「ランサムウェア対策」セミナーを9月14日(木)に東京・大手町のフクラシア東京ステーションで開催する。

 セミナーでは、サイバーセキュリティの第一線で活躍する専門家、大手企業でリスクマネジメントに従事するセキュリティ担当者をはじめ、対策ソリューションベンダーが集い、ランサムウェアに対する最新動向、企業内で行われる組織的取り組み事例、ベンダーが提案するランサムウェア対策ソリューションを解説するという。

 基調講演は、「ランサムウェアに見るサイバー脅威の変容と組織における対策」と題して東京大学情報学環 セキュア情報化社会研究寄附講座の特任准教授・満永拓郎氏が登壇する。

 また、特別講演では「リスクマネジメントからのランサムウェア対策」と題してヤフー コーポレートグループコーポレートインテリジェンス本部の高元伸氏が解説する。

 ■開催概要



日時:2017年9月14日(木)12:00〜17:10
会場:フクラシア東京ステーション(東京・大手町)
主催:ベースラインAPT対策コンソーシアム(BAPT)
協賛:ニュートン・コンサルティング、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン、ウェブルート、ゾーホージャパン、ベル・データ
参加費:無料(事前登録制)
詳細と申込み: Webサイト

EnterpriseZine編集部[著]