エルテスは、ディー・オー・エスと戦略的業務提携を締結し、8月9日にログ取得・分析による情報漏洩対策ソリューション「SS1 Risk Analyzer」の提供を開始することを発表した。

 「SS1 Risk Analyzer」は、ログの取得と分析が一体となったソリューションで、社内で発生する情報漏洩を未然に防ぐという。日本企業の経済的被害(主に情報漏洩)の要因の約8割が内部に起因しているなかにあって、「SS1 Risk Analyzer」は、ログの取得と分析によって不審な操作ログを行動パターンから発見し、「退職時の情報持ち出し」「権限外社員による機密文書の探索・不正コピー」など情報漏洩の兆候を未然に察知という。

 エルテスでは、従来よりログ分析によりリスクを発見する「Internal Risk Intelligence」を提供してきたが、分析に必要なログデータを持たない企業には導入が進みづらいという課題があったという。

 今回、IT資産を管理、ログを取得するソフトウェア「System Support best1(SS1)」」をもつディー・オー・エスと提携し、ログの取得と分析・PC操作の制御が一体となったソリューションを提供することで、導入課題を解決し、より多くの企業へ新しい情報漏洩対策を推し進めていくとしている。

EnterpriseZine編集部[著]