日本オラクルは、三菱電機と製造業のスマート化を実現するInternet of Things(IoT)基盤開発で連携することを発表した。具体的には、三菱電機が提案する製造業におけるビジネス・アプリケーションとデバイスの間に位置するエッジ領域のオープンなソフトウェア・プラットフォーム「FA-ITオープンプラットフォーム」とオラクルのクラウドサービスを連携し、生産現場のデータの収集・分析・改善を支える基盤として活用するものだという。

 三菱電機が提唱する「FA-ITオープンプラットフォーム」では、生産現場のデータモデルを容易に構築できるように、開発者用サイトから開発キットをダウンロードし、プラットフォーム上で動作するユーザー向けアプリケーションの開発を可能する。また、クラウド・ITベンダーが有するさまざまなシステムを活用したユーザー向けサービスと生産現場を接続し、グローバルに点在する自社複数工場の一元管理やサプライチェーンを含めた管理と合わせて最適化を推進するという。

 「FA-ITオープンプラットフォーム」では、オラクルがクラウドで提供するデータベース「Oracle Database Cloud Service」、アプリケーション実行基盤「Oracle Java Cloud Service」、ビジネス・データ分析基盤「Oracle BI Cloud Service」、IoTデータ受信・処理基盤「Oracle IoT Cloud Service」、ビジネス・アプリケーション連携基盤「Oracle SOA Cloud Service」、コンピュート/ストレージ基盤「Oracle Infrastructure as a Service (IaaS)」を連携させる。

 工作機械や生産端末からリアルタイムに取得した情報を「Oracle IoT Cloud Service」で受信し、拡張可能な基盤で効率的なリアルタイム処理を可能にする。また、蓄積されたビッグデータの分析において「Oracle Database Cloud Service」が備える機械学習機能や、「Oracle BI Cloud Service」のレポート機能、およびコスト効率の高い「Oracle IaaS」を活用することで、ファクトリ・オートメーション(FA)領域におけるソリューションのさらなる発展と製造業のスマート化に貢献するとしている。

EnterpriseZine編集部[著]