日本IBMは、統計解析ソフトウェア「IBM SPSS Statistics」の最新版となる「IBM SPSS Statistics 25」を8月9日から提供開始すると発表した。「IBM SPSS Statistics 25」は、新しいデータ分析手法を活用するための分析機能の強化とデータ分析の生産性を高めるための機能を強化することで、ユーザーの適切な意思決定を支援するという。

 「SPSS Statistics 25」は、ベイズ推論を統計解析アルゴリズムの新機能として搭載している。ベイズ推論は、近年アカデミック、ビジネスを問わず注目されているアルゴリズムで、事象が起こると考える確率(事前確率)を、その後に観測された事実によって、より客観的な確率(事後確率)を推定していく方法になる。「SPSS Statistics 25」は、二項検定、独立および対応データのt検定、相関検定、線型回帰、一元配置分散分析などのベイズ統計機能を提供する。

 また、ユーザーからの要望を取り入れ、従来から提供する統計機能を強化した。一例として、混合モデルにおける経験最良線形不偏予測量の利用や、時系列データの共変量設定も可能となり、日々発生する現実データを分析により取り入れやすくなった。加えて、一般線型モデルにおけるプロファイルプロット内のエラーバーの表示や、不均一分散性検定、ロバスト標準誤差などを取り入れた分析が搭載された。

 さらに、「SPSS Statistics 25」は、データ分析の生産性を高めるため、他社アプリケーションとの連携やレポート機能を強化している。図表ビルダー機能を刷新し、「SPSS Statistics」で作成したグラフをMicrosoftグラフィック・オブジェクトとして利用することができるようになった。

 「IBM SPSS Statistics」は、初心者から分析の専門家まで、全世界で28万人、国内で3万人が利用する統計解析のツール。社会調査の統計解析ツールとして1968年にスタンフォード大学で生まれた「SPSS」は、その後40年以上、さらなる進化を遂げてきた。高度な多変量解析の手法を豊富に搭載する「SPSS Statistics」では、わかりやすい操作で、誰でも簡単にデータ分析を実行することができるという。さまざまな形式のデータを読み込むことが可能なため、アンケートデータ、売上データ、購買データ、医療系データなどを即座にビジネスや研究に活用できるとしている。

EnterpriseZine編集部[著]