象印マホービンから新商品「ステンレス キャリータンブラー」(SX-JA型・SX-KA型)が登場。いつでもどこでもあらゆるシーンで気持ちよく使えるデザイン・性能を目指した新しいカテゴリーとして、9月1日より販売されます。

ステンレス キャリータンブラー(SX-JA型・SX-KA型)

「ステンレス キャリータンブラー」は、象印マホービンが長年培ってきたステンレス真空2重まほうびんによる高い保温・保冷力をはじめ、飲み物を注ぎやすく、香りを楽しめる食器のような広口形状が特長。シンプルで洗練されたデザイン。ファッションにも合わせやすい豊富なカラーバリエーションがそろえられています。

容器部分は食器用台所スポンジでも洗いやすい広口形状で、丸洗いすることが可能。ふた部分には“せん”と“パッキン”がひとつになった象印独自の「シームレスせん」を採用。多くの人が煩わしく思っている「パッキンのつけ外し」が解消されました。パッキンの紛失やつけ忘れによる漏れの心配もなく、簡単に手入れできます。


ステンレス キャリータンブラー SX-JA型



さまざまな持ち方ができ、開閉がしやすいハンドルタイプ。好みやライフスタイルに合わせて選べるよう2サイズ(0.3L、0.4L)で展開。本体はマットな質感で、トレンドのくすみカラーはファッションにも合わせやすいラインナップです。カラーはウォータリーグリーン、ヴィンテージローズ、フォグブルー、フォレストグレーの4種類。


ステンレス キャリータンブラー SX-KA型



スピーディーに開閉したいときに便利なフリップオープンタイプの密閉ふたを採用。SX-JA型と同様に2サイズ(0.3L、0.4L)が、モダンかつおしゃれなカラーで展開されます。カラーはヴィンテージローズ、シナモンベージュ、フォレストグレーの3種類。