スーパーのヨーグルト売り場で、一風変わった『明治ブルガリアヨーグルト』の商品を発見。高級感漂わせるパッケージとネーミングに惹かれ、購入してみました。

「明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン贅沢クリーミー生乳100(以下、贅沢クリーミー生乳100)」と「明治ブルガリアヨーグルトLB81なめらかリッチ(以下、なめらかリッチ)」という2商品。どちらも320g入り、筆者が行ったスーパーでは各158円(税別)で売られていました。

明治ブルガリアヨーグルトの贅沢クリーミー生乳100となめらかリッチ
2016年発売の商品です

明治ブルガリアヨーグルトの贅沢クリーミー生乳100となめらかリッチ
外蓋を外すとヨーグルトに関する小ネタが

「贅沢クリーミー生乳100」の方は、レアチーズを思わせるツルッとした舌触りが特徴。クリーミーながら酸味もしっかり感じられ、暑い日にもぴったりの爽やかな味わいにまとまっています。良質な生乳とブルガリア乳酸菌のみを使用。さらに独自技術の「ナチュラルテイスト製法」と「まろやか丹念発酵」で仕立てられているのだとか。

明治ブルガリアヨーグルトの贅沢クリーミー生乳100となめらかリッチ
レアチーズのようにツルッとした舌触りが心地よい「贅沢クリーミー生乳100」

一方の「なめらかリッチ」は、とろりとした舌触りと口の中いっぱいにふわーっと広がるハチミツ味が魅力。喉を通過した後もしっかり余韻が残り、贅沢な気分に浸れます。生乳と乳製品をたっぷりと使用した濃厚な味わいのヨーグルトを、独自製法でコクを高めるとともになめらかな食感に仕立ててあるのだとか。

明治ブルガリアヨーグルトの贅沢クリーミー生乳100となめらかリッチ
ハチミツの風味いっぱい、濃厚さが魅力の「なめらかリッチ」

派手さはないけれど、朝食やおやつの時間をちょっぴりリッチにしてくれる『明治ブルガリアヨーグルト』の2商品。お店で見かけたら手にとってみてください。