理想のケース、ないなら作る!

夏休みはお片付け。今週末は2日間にわたってキッチン収納のアイデアをご紹介しています。

---------

昨日は引っかけるだけのゴミ袋ストッカーをご紹介しましたが、今回はポリ袋やジッパー付き保存袋、水切りネットなどにもオススメのケースを作ってみました。取り出し口を自分好みに作れるのがポイントです。

使用するものはジッパーファイルとコンパスカッター。筆者はどちらも100円ショップ「ダイソー」で入手しましたが、ない場合は普通のカッターやハサミでも大丈夫です。

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース
ファイルのサイズは中身に合わせて選びましょう(画像はA5)

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース
ダイソーのコンパスカッター 100均は本当に何でもありますね

ファイルを広げ、背表紙部分を中心として円型に切り抜きます。コンパスカッターで軽く切りこみを入れ(切れそうならそのまま切る)、カッターやハサミで切るとキレイに仕上がります。ない場合は長方形に切りぬいてもOK。

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース
背表紙側を円型に切り抜く

ちなみに円の場合は直径12cm以上が取り出しやすいと感じましたが、お好みで調整してください。

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース
直径10cmだとちょっと出しにくい

切り口でケガをしないようヤスリをかけるか、テープで保護したら完成。2つ折りにした水切りネットを入れてみると、1枚ずつスッと取り出せました!

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース
2つ折りにした袋を入れて

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース
シュッと取り出せる!

なおゴミ袋やポリ袋などを入れる場合は、ファイルと同じサイズの厚紙や下敷きを挟むと少なくなってもふにゃふにゃせず取り出しやすくなります。

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース
台紙を挟むとより出しやすい

100均のジッパーファイルでゴミ袋収納ケース
もちろんゴミ袋にも

ファスナー部分が大きく開くので補充しやすく、容量も多少融通が効くのもポイント。棚や引き出しに立てて収納すれば空間をスッキリ区切れそうです。市販のケースはどうも使いにくい…という悩みをお持ちの方はぜひお試しください!