名前とパッケージを見ただけでグッとくる。カルビーから10月23日に発売されたポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ザ・ポテト ベイクドオニオン味」を買ってみました。

地域限定(北海道と東日本エリア)&期間限定で展開されているポテトチップス。JAびえい・美瑛選果と共同開発されており、北海道美瑛町産じゃがいもが100%使用されています。シンプルで潔さを感じさせるパッケージは北海道在住のデザイナーが担当。畑から掘り出されたじゃがいもの写真が食欲をそそってきます。これはきっと、猛烈に美味しいに違いない!早速順に試食してみましょう。

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」

まずは「ザ・ポテト うす塩味」。 美瑛の丘をイメージしたというギザギザの“丘型カット”が目を引きます。この形状が新じゃがのみずみずしさを引き立て、“はじけるザクッとした食感”になるのだとか。

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」
じゃがいもの香りがほのかにふわり

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」
美瑛の丘をイメージしたという深いギザギザのカットが特徴

その説明どおり、空気を含んだ軽やかさとザクザクした噛み応えのバランスが最高。味付けにはオホーツクの塩、隠し味にはホタテが使用されています。土臭さも感じる新鮮なじゃがいもの風味とマイルドな塩加減、ほのかに感じるホタテの旨みが後を引き、これはもう手が止まらない!

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」
軽やかだけどザックザクの噛み応え
マイルドな塩気と旨みが後を引く!

続いては、北海道産たまねぎを味付けのパウダーに使用した「ザ・ポテト ベイクドオニオン味」。こちらも深いギザギザの“丘型カット”が採用されています。

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」
オニオンの甘い香りがふわり

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」
こちらも“丘型カット”を採用

舌に触れた途端、じわーっと広がるオニオンの優しい甘み。その後に香ばしい風味が鼻をふんわりと抜けていきます。噛むほどに甘みが広がるので、心落ち着けてゆっくりと味わうのが理想。ベイクドポテトやローストオニオンを食べているような滋味深い味わいは、スナック菓子の域を超えています!

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」
オニオンの甘みと香ばしさがたまらん!

カルビーの本気を改めて感じる「ザ・ポテト うす塩味」と「ザ・ポテト ベイクドオニオン味」。残念なことに販売エリアは、「北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島・新潟・長野・群馬・栃木・埼玉・茨城・東京・神奈川・千葉・山梨のスーパー・ドラッグストア」に限られています。筆者は都内の大型スーパーを5店舗周り、ようやく両方を揃えることができました。アマゾンとロハコでは取扱いがあるので、遠方の人や確実に入手したい人はそちらを利用するのが良さそうですね。価格はオープン。筆者が行ったスーパーの販売価格は各138円(税込)でした。

カルビーのポテトチップス「ザ・ポテト うす塩味」と「ベイクドオニオン味」
ぜひ2種類食べ比べてみて