秋の旬の味覚の代表格と言えば「秋鮭」「秋野菜」「キノコ」です。旬の恵みを味わうこで、いま必要な栄養素を補え、心身ともに元気になれます。

そこで今回は、旬の食材を使った人気レシピを5つご紹介。秋が深まるこの時期に味わいたい料理ばかりです。

■ホットプレートで簡単に作れる! 家族みんなが喜ぶ「秋鮭のちゃんちゃん焼き」
ホットプレートで簡単に作れる! 家族みんなが喜ぶ「秋鮭のちゃんちゃん焼き」

出典:E・レシピ


北海道の郷土料理「ちゃんちゃん焼き」は、秋鮭と旬の野菜を蒸し焼きにした人気料理。味噌を使うので、食べ進めていくうちに体の内側からホカホカしてくるのも魅力です。このレシピでは、秋鮭と鮭のハラス、イカ、たっぷりの野菜を味噌バター味でいただきます。

お好みで、青ネギやニラを一緒に炒めると一味違った風味を楽しめますよ。ホットプレートで簡単に作れて手間いらずです。最後に、ゆでうどんや中華そばを入れて、焼うどんや焼きそばを作るのもオススメ。家族みんなが大満足できるレシピです。
■秋の香りがたまらない、キノコとギンナンで作る絶品「炊き込みご飯」
秋の香りがたまらない、キノコとギンナンで作る絶品「炊き込みご飯」

出典:E・レシピ


秋の香りを思う存分、堪能したくなったら作りたいのがこちらのレシピ。キノコとギンナンで作る炊き込みご飯です。炊飯器を使って簡単に作れるので、夕食の主食にも最適。

作り方は、炊飯器に洗ったお米、調味料を加え、通常の目盛りまで水を注ぎ、ひと混ぜします。そして、シメジ、エノキ、シイタケ、水気をきったギンナン、ショウガ、ホタテ缶は汁ごと入れ、昆布をのせてスイッチを入れましょう。炊き上がったら昆布を取り出し10〜15分蒸らして、全体に大きく混ぜれば完成です。お好みで、ミツバを加えて混ぜ合わせから召し上がれ!
■こっくり滋味深い味わい、ささ身と秋野菜の「ゴマみそ炒め」
こっくり滋味深い味わい、ささ身と秋野菜の「ゴマみそ炒め」

出典:E・レシピ


秋の味覚を手軽に味わえるのが、ささ身と秋野菜の「ゴマみそ炒め」です。練りゴマと味噌をメインで使うので、こっくり滋味深い味わいを楽しめますよ。火が通るのに時間がかかるレンコンとサツマイモは、電子レンジで加熱して、時短できるのも助かります。

お好みで、クコの実を散らしてからいただきましょう。クコの味をナッツ類に代えても、小気味良い歯応えと香ばしさをプラスできます。ボリュームアップしたい場合は、キャベツやナスを追加してもいいでしょう。ささ身と根菜を一緒に味わえる、ヘルシーで美味しい一品です。ぜひお試しください。
■キノコとの組み合わせが最高! トロトロ×パリッ食感の「秋鮭のあんかけ」
キノコとの組み合わせが最高! トロトロ×パリッ食感の「秋鮭のあんかけ」

出典:E・レシピ


秋鮭のパリパリ食感と、あんかけのトロッとした食感を同時に味わえるのがこちらのレシピです。あんには、ニンジンと玉ネギが入っていて、キノコ×鮭の秋の最強コンビも堪能できます。仕上げに、器にキャベツを敷き、油で揚げた鮭をのせ、あんをかけてからいただきましょう。

お好みで、ユズ皮を散らしてくださいね。ユズ皮を加えることで、より香り高く仕上がります。秋の味覚がふんだんに使われた一皿なので、今の季節に最適です。子どもから大人まで美味しくお腹を満たすことができますよ。ご飯にかけて丼にして食べるのも◎。
■キノコ好き必見、ほっこりとした味わいの「キノコのクリーム煮パスタ」
キノコ好き必見、ほっこりとした味わいの「キノコのクリーム煮パスタ」

出典:E・レシピ


食欲の秋。つい食べすぎてしまうこともありますよね。このレシピは、美容やダイエットに効果的だと言われるキノコ4種類をたっぷり使うので、罪悪感なしで味わうことができます。クリームソースも自作するので、くどくなく、ほっこりとした味わいです。

仕上げに、ドライパセリを振ると、彩りが良くなります。パスタを低糖質やこんにゃく麺のパスタにすれば、よりカロリーを抑えることも可能。生クリームがない場合は、牛乳を使っても問題ありません。一度味わうと、何度も作りたくなる満足度の高い一皿です。
収穫の秋は、栄養成分がたっぷりと含まれた、味わい深い食材が豊富。それらの食材を上手に使って、絶品料理を作りたいですよね。今回、ご紹介したレシピは、いずれも秋の食材を絶妙に組み合わせた人気料理ばかりなので、ぜひお試しください。

(木下あやみ)