新型コロナウイルスによる外出自粛期間に始めたお弁当販売は、半年経った今も継続中。
週に5日、昼夜にお弁当を販売しています。
毎食飽きずに楽しんでいただけるように幅広いメニューを作っているのですが、なかでもそぼろご飯や海苔弁など、味のしみたご飯は男性を中心にご好評の様子です。

ポロポロして食べにくい難点は、ごく少量の片栗粉が解決してくれます。
量が多いとそぼろあんのようになってしまうので、ごく少量がポイント。

ひき肉100gに対して小さじ1/4で十分です。

生姜や実山椒、大葉などの薬味で風味に季節感を加えたり、刻み海苔を敷いたご飯にのせたり、カレー粉を加えたキーマカレー風そぼろもいいですね。

日持ちもするので、たっぷり作って常備菜にするのもおすすめです。

■お箸で食べやすい鶏そぼろ

調理時間 5分

お箸で食べやすい鶏そぼろ

レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
鶏ひき肉(むね肉) 100g
<調味料>
 酒 大さじ1
 みりん 大さじ1
 砂糖 小さじ2
 しょうゆ 大さじ1
ショウガ(みじん切り) 少々
片栗粉 小さじ1/4
水 大さじ4
 
<作り方>
1、小鍋に全ての材料を加えて菜箸で混ぜ合わせる。強めの中火にかけながら混ぜ合わせ、鍋の底が見えるまで煮詰まったら火を止める。


今回は鶏むね肉のひき肉で作っていますが、もも肉、豚肉や牛肉のひき肉もOKです。



(保田 美幸)