2021年、一番話題になったスイーツは、イタリアローマ発祥の「マリトッツォ」でした。デパ地下などでは、ご飯にネギトロを挟んだ「寿司トッツォ」なるものまで登場しましたよね。

© funny face - stock.adobe.com



そこで気になるのが、2022年、マリトッツォの次に流行りそうな、ネクストブレイクのスイーツです。遡ること、ティラミスやパンナコッタ、そして2021年のマリトッツォといい、イタリアのスイーツは何かと話題にのぼりがち。

そこで今回は、見た目が可愛く、写真映えもするネクストブレイク必須のイタリアンスイーツレシピをご紹介したいと思います。

●ズコットケーキズコットケーキ

出典:E・レシピ


市販のスポンジで、とっても簡単に作れる「ズコットケーキ」。ユニークな帽子の形が印象的なイタリアトスカーナ地方のスイーツは、マリトッツォに続くネクストブレイクとして注目され始めているおしゃれなケーキです。切った時の断面が美しく映えたりするので、SNSでバズるのも時間の問題かもしれませんね。外側にもクリームを塗って、イチゴなどのフルーツを飾ってもよいですね。簡単に作れるので是非ご家庭でもトライしてみて下さいね。



●カッサータ風アイスカッサータ風アイス

出典:E・レシピ


コンビニなどで見かけるようになったアイスとチーズとナッツで作る冷たいイタリアンスイーツのカッサータ。リコッタチーズやマスカルポーネチーズにドライフルーツやナッツを混ぜ込んで固めた甘さと酸味が魅力的なイタリアンスイーツです。こちらのレシピは、バニラアイスとヨーグルトで作るので、さらに簡単に作る事ができますよ。



●メープルシュガーブレッド(パネットーネ)メープルシュガーブレッド

出典:E・レシピ


イタリア語で「大きなパン」という意味の「パネットーネ」。最近無印良品でも販売しているので、見かけた方も多いのではないでしょうか。「パネットーネ」は、イタリアの伝統的なスイーツで、クリスマスに食べるのが主流なんですよ。バターがしっかり効いた生地にドライフルーツがたっぷり入っています。こちらのレシピでは生地を編み込むように重ねていきます。ご使用の容器に合わせて色々楽しみながら作ってみてくださいね。



●ティラミスティラミス

出典:E・レシピ


流行は繰り返すと言いますが、今、原宿や韓国でもティラミス専門店ができ始め「ティラミス」も再ブレークなるか?と注目が集まっています。レシピでは、下に敷くビスキュイ生地の作り方も掲載されていますが、市販のビスケットを使うともっと簡単に作る事ができますよ。イタリアのスイーツはチーズを上手に使うレシピが多いですよね。ティラミスに使うマスカルポーネはワインにも合い、低カロリーなので、罪悪感なく頂けるイタリアンスイーツです。



●カンノーロ・パパナカンノーロ・パパナ

出典:E・レシピ


イタリアの伝統スイーツ「カンノーロ」。映画「ゴットファーザー」のワンシーンにも登場したのでその形を見た事がある方も多いのではないでしょうか。カンノーロは、小麦粉を薄く伸ばして焼いた生地を筒状にし、そこにリコッタチーズと生クリームを合わせた濃厚なクリームを絞り出した、コーヒーにもお酒にも合うイタリア人の愛するスイーツです。サクッと香ばしい生地と濃厚クリームの絶妙な組み合わせ、是非味わって見てくださいね。



今回ご紹介したレシピ以外にも、パイ生地を貝の形のパイ生地の中にリコッタチーズと生クリームを入れた「スフォリアテッラ」など、まだまだ日本であまり浸透していないイタリアスイーツはたくさんあります。

ネクストブレイクスイーツを予測しながら、美味しい一品を見つけてくださいね。

© stefano - stock.adobe.com



(豊島早苗)