濃厚なクリーム、とろけるマスカルポーネチーズにあしらわれたコーヒーの芳醇な香り。かつてのイタリアンスイーツブームの立役者「ティラミス」。最近専門店も次々登場し、ネクストブレイクスイーツの呼び声高くブーム再燃の兆しです!

© Grafvision - stock.adobe.com



「ティラミス」は材料を重ねるだけなので実はとっても簡単。そして大きな器で取り分けながら食べたり、1人ずつグラスに入れたりできるので映える見せ方も色々。

今回はブーム再燃の呼び声高いティラミスの、基本の作り方から抹茶などバラエティ豊かで手軽なティラミスレシピをご紹介します。
■プロが教える!イタリア本場の本格ティラミス

出典:E・レシピ


週末時間がある時に挑戦したい本格ティラミス。ちょっぴり腕まくりしてビスキュイから作ってみませんか。時間はかかりますが難しいテクニックは不要です。


■ひとくちティラミス

出典:E・レシピ


甘いものがあると一気に食べてしまう人には一口サイズのティラミスがぴったり。ビスケットの上にクリームを乗せるだけの簡単レシピ。テレワークの休憩時間にパクッと食べればリフレッシュできること間違いなし。



■パンプキンティラミス

出典:E・レシピ


大きな器で豪快に盛り付ければ、混ぜて重ねるだけでパーティー映えするおもてなしティラミス。カボチャの優しい甘さがうっとりする美味しさ。カボチャは栄養価が高いのでお子さんにもオススメのスイーツです。



■抹茶ティラミス

出典:E・レシピ


美しい色と抹茶のほろ苦さが魅力的な「抹茶ティラミス」。なんとサンドイッチ用のパンで甘さ控えめ大人スイーツが完成します。



■お麩と水切りヨーグルトのティラミス

出典:E・レシピ


ティラミスが大好きだけどカロリーが心配という方にはお麩とヨーグルトで作るヘルシーレシピがオススメです。ダイエット中でも我慢は禁物。ストレスを溜めないためにも低カロリーなアイデアティラミスを味わいましょう!。


今から約30年前に日本中を席捲したイタリアンスイーツ「ティラミス」。優しい口当たりと濃厚なマスカルポーネの味は、年月を経ても色褪せない魅力をもつスイーツです。次々登場している専門店で食べ比べてお好みのティラミスを探してみると楽しいかもしれませんね。
(豊島早苗)