6月は梅雨の季節。雨が多くなると、食欲不振になったり、憂鬱な気分になることもありますよね。そこで今回は、体の内側から元気になる人気のおかずレシピをご紹介。
ネバネバと大豆製品で栄養満点! 超簡単に作れる「スタミナ豆腐サラダ」

出典:E・レシピ


いずれも簡単に作れて美味しいのがうれしいポイントです。サッパリしていたり、スタミナ満点だったり、このシーズンに最適なレシピばかり登場しますよ。

■大根おろしのつゆを添えて、さっぱりと味わえる「ちくわの磯辺揚げ」
大根おろしのつゆを添えて、さっぱりと味わえる「ちくわの磯辺揚げ」

出典:E・レシピ


ちくわの磯辺揚げを大根おろしのつゆで味わうこちらのレシピは、あっさりとしていて、食べやすいのが魅力です。カリッと揚がったちくわは、磯の香りがふんわりと漂い美味。さらに大根おろしのさっぱり感がアクセントに。

アツアツで味わうのはもちろん、冷めても美味しいため、お弁当のおかずにも最適です。15分でパパッと作れるのも◎。お酒のおつまみにもおすすめ。ちくわの中にチーズやアスパラ、明太子ペーストを入れたり、ちくわに海苔を巻くのも良さそう。このように気軽にアレンジ可能です。ぜひ試してみてくださいね!



■疲れているときにピッタリ! 梅の酸味が効いた「ナスのサッと梅浸し」
疲れているときにピッタリ! 梅の酸味が効いた「ナスのサッと梅浸し」

出典:E・レシピ


梅干しの旨みが溶けたつゆが、ナスにしみ込んだ、やみつきになる一品です。梅の酸味が効いていて、疲れたときに味わうと、体の内側から元気に。調理時間はたったの5分! 簡単に作れる副菜としても大活躍してくれそうです。

ショウガ、かつお節を添えてから召し上がりください。食欲をそそる味わいで、大満足できますよ。また、このレシピを上手に作るコツは、種を取った梅干しを叩いたりせず丸ごと使うこと。そうすることで、自然と崩れてつゆになじむところと、形が残ったところの両方の絶妙な美味しさを堪能できます。



■八角入りで本格派、ほろり&ジューシーな食感の「豚の甘酒角煮」
八角入りで本格派、ほろり&ジューシーな食感の「豚の甘酒角煮」

出典:E・レシピ


甘酒を使って豚の角煮を作ってみませんか? 豚肉を甘酒に漬けて煮込むと、発酵パワーでお肉がほろり&ジューシーに。​​完成した豚の角煮を​​器に盛り、白髪ネギとチンゲンサイを添えてから召し上がれ! 八角の入った本格的な味わいで、やみつきになりそうです。

こちらのレシピを美味しく仕上げるためには、豚肉の下ごしらえが大事。ビニール袋などに甘酒と豚バラ肉を入れ、よく揉み、そのまま冷蔵庫に一晩置いて漬けておきましょう。それが、すっきりおいしい角煮のポイントに。また、このレシピでは、甘酒は無加糖の麹タイプを使用しています。



■ネバネバと大豆製品で栄養満点! 超簡単に作れる「スタミナ豆腐サラダ」
ネバネバと大豆製品で栄養満点! 超簡単に作れる「スタミナ豆腐サラダ」

出典:E・レシピ


5分で作れる、栄養満点なレシピがこちら。見た目から元気になりそうなスタミナ豆腐サラダです。作り方はとっても簡単。オクラはまな板に並べて分量外の塩を振り、手のひらで転がしながら繊毛を取るようにこすります。たっぷりの熱湯に塩ごと加えてゆで、水に取って粗熱が取れたら水気を拭き取り、ガクを取り、小口切りにしましょう。

また、長芋は皮をむき、水にさらしてアクを抜きます。キッチンペーパーで水気を拭き、抗菌のビニール袋に入れて麺棒で粗く叩いてください。そして、器に絹ごし豆腐、付属のタレを混ぜた納豆、オクラ、長芋を入れ、中心に卵黄をのせてから、かつお節を添え、麺つゆをかけば出来上がりです。



■ニンニクを使ってスタミナ風に、元気になる「しらたきのニンニクおかか炒め」
ニンニクを使ってスタミナ風に、元気になる「しらたきのニンニクおかか炒め」

出典:E・レシピ


しらたきを使ったヘルシーだけどスタミナのある料理がこちらです。野菜たっぷりであっさりしているように思えますが、意外としっかりとした味つけで食べ応えがあります。かつお節とニンニクの香ばしさがたまりません。

食欲がない日でも、この料理なら食べることができそうです。カロリーも低いので、ダイエット中にもオススメ。こちらのレシピでは、ニンジンとピーマンを使っていますが、ピーマンの代わりに小松菜やほうれん草を使ったり、キノコ類をプラスするのもいいでしょう。お好みで、七味唐辛子を振るのも良さそうです。



雨の日が増えると、気分が塞ぎがちになりますが、そんなときだからこそ自宅で美味しい料理を作って、ゆっくりと癒しのひとときを過ごしたいですね。

(木下あやみ)