精進料理や京料理に使われることが多く、古くから日本で親しまれてきた「湯葉」。手軽に植物性タンパク質を摂取でき、健康・美容食として注目されています。そのまま刺身として食べても美味しいですが、実はさまざまな料理に活用できる万能食材なんです。今回は、湯葉を使ったレシピ【20選】をご紹介します。


出典:E・レシピ「刺身湯葉」


湯葉とは豆乳を加熱して表面にできる膜をすくい上げたものです。作りたての柔らかい「生湯葉」はなめらかな口当たりで、刺身や和え物などで食べるのがおすすめ。長期保存の効く「乾燥湯葉」は、ほど良い歯ごたえがあり、汁物、煮物、鍋などに活用できます。比較的お手頃価格で購入できるため、ストックしておくと便利ですよ。

■湯葉の<刺身>レシピ2選
・刺身湯葉 

出典:E・レシピ「刺身湯葉」


生湯葉を食べやすい大きさに切り、ワサビしょう油やポン酢をかけて召し上がれ。湯葉そのものの美味しさを堪能できる食べ方です。できれば最初のひと口は何もつけずに、大豆の香りと甘みを楽しみましょう。



・手づくり湯葉のマグロアボカド和え 

出典:E・レシピ「手づくり湯葉のマグロアボカド和え」


湯葉はお店で買わなくても、無調整豆乳があればすぐに作れます。豆乳は沸騰させないように弱めの中火で熱し、膜ができたら箸で手繰り寄せるようにつまみ上げればOK。レシピのようにマグロとアボカドを添えると食卓が華やかになり、飽きずにいただけそうですね。



■湯葉の<汁物>レシピ4選
・湯葉のお吸い物 

出典:E・レシピ「湯葉のお吸い物」


お吸い物に湯葉を加えるだけで、料亭のような高級感のある仕上がりに。上品な京風の味つけにほっこり癒され、おもてなしにも喜ばれます。とろみもあって、体が温まる汁物です。



・湯葉の豆乳汁 

出典:E・レシピ「湯葉の豆乳汁」


湯葉を煮込んだら、みりん・しょう油・豆乳を加えるだけで完成です。豆乳のコクにより、とろりとした湯葉の美味しさがより感じられます。シンプルな材料でも満足感十分です。



・湯葉の白みそ汁 

出典:E・レシピ「湯葉の白みそ汁」


白みその甘い味わいが湯葉と絶妙にマッチ。練りからしをほんの少し入れると、コク深くなって美味しさがワンランクUPします。上品ながらもほのかに辛みがあり、いつもと違ったみそ汁を味わえますよ。



・干し湯葉のかきたま汁 

出典:E・レシピ「」


ふわっふわの卵×とろりとした湯葉の組み合わせに心落ち着く一品です。ホッとするやさしい味わいで、幅広い世代に喜ばれそうです。そうめんを入れても◎。



■湯葉の<副菜>レシピ6選
・湯葉のワサビしょうゆ 

出典:E・レシピ「湯葉のワサビしょうゆ」


湯葉とアボカドをワサビしょう油で和えるだけで、おつまみにも最高なメニューが完成。トロトロの生湯葉とまったりとしたアボカドが意外にもよく合い、新しい食感を堪能できますよ。



・豆乳湯葉がけ豆腐 

出典:E・レシピ「豆乳湯葉がけ豆腐」


温めた豆腐に湯葉入りの豆乳つゆをかける、料亭風の豆腐料理です。白みその上品な甘さにほっこりしますよ。トッピングの刻みのりの香りがいいアクセントに。豆腐は木綿よりも柔らかい絹ごしがおすすめです。



・湯葉包み揚げあんかけ 

出典:E・レシピ「湯葉包み揚げあんかけ」


寒い日のあったか小鉢におすすめ。豆腐やエビを使ったタネを生湯葉で包んで揚げ、和風あんかけをかけていただきます。だしの滋味深い味わいがたまりません。日本酒もグイグイ進みますよ。



・キャベツと湯葉の和えもの 

出典:E・レシピ「キャベツと湯葉の和えもの」


とろりとした湯葉は、甘いキャベツと相性抜群。しょうゆダレにピリッと山椒を効かせれば、食欲をそそられる一品に。キャベツは茹ですぎず、シャキシャキ食感を残すくらいがベスト。箸休めに最適です。



・湯葉の梅ダレサラダ 

出典:E・レシピ「湯葉の梅ダレサラダ」


いつもの酢の物に湯葉をプラスすれば、さっぱりとした中にもコクが感じられて美味。梅ダレの酸味と旨みもやみつきになりそうです。箸休めのほか、おつまみしても優秀。よ〜く冷やしていただきましょう。



・小松菜とお湯葉さんの炊いたん 

出典:E・レシピ「小松菜とお湯葉さんの炊いたん」


京のおばんざいをおうちで再現! ヘルシーで栄養価が高く、ホッと落ち着く味わいです。しっとりと煮上がった小松菜と湯葉からいいだしが出るため、ぜひ汁ごと味わってください。



■湯葉の<主菜>レシピ4選
・湯葉のかき揚げ 

出典:E・レシピ「湯葉のかき揚げ」


乾燥湯葉は揚げるとサクサク食感で、かき揚げの材料にぴったり。わずか数秒でサクッと揚がりますよ。玉ネギ、三つ葉、干し桜エビも合わせれば、豪華な一品に。塩や天つゆを添えて召し上がれ。



・鶏むね肉とキャベツのさくさく湯葉巻き 

出典:E・レシピ「鶏むね肉とキャベツのさくさく湯葉巻き」


湯葉がおしゃれな洋風おかずに変身! 春巻きならぬ湯葉巻きでとってもヘルシーです。鶏むね肉とキャベツのマリネを湯葉で包んだら、オーブンでこんがり焼きます。噛むほどに味わい深く、食べ応えがありますよ。



・生湯葉とエビの炊き合わせ 

出典:E・レシピ「生湯葉とエビの炊き合わせ」


生湯葉、エビ、ニンジン、キヌサヤなどを甘めのつゆで煮含める、彩り鮮やかな料理。素材の美味しさが引き立ち、旨みと栄養が詰まっただしも格別です。季節に合わせて旬の食材で作ってもいいですね。



・鶏鍋〜酒粕鍋〜酒粕湯葉ご飯 

出典:E・レシピ「鶏鍋〜酒粕鍋〜酒粕湯葉ご飯」


鍋を堪能したあとは、ご飯+乾燥湯葉を入れて〆を楽しみましょう。旨みたっぷりのスープと湯葉のコクが相まって、極上の雑炊が完成します。湯葉は鍋の具材としてもおすすめです。



■湯葉の<主食>レシピ4選
・あんかけ湯葉丼 

出典:E・レシピ「あんかけ湯葉丼」


とろ〜りとした湯葉のあんかけが絶品です。三つ葉の香りがアクセントに。練りワサビを混ぜて食べるとまた違った味わいが楽しめます。サラッと食べられて栄養価が高く、ランチや遅い夕食にもぴったりです。



・クリーミー湯葉パスタ 

出典:E・レシピ「クリーミー湯葉パスタ」


まろやかな湯葉の美味しさが際立つ、ヘルシーな豆乳クリームパスタです。ベーコンとシメジを入れて旨みたっぷりに。卵黄を混ぜながら食べれば、和風カルボナーラのような味わいを堪能できます。



・湯葉の京風あんかけうどん 

出典:E・レシピ「湯葉の京風あんかけうどん」


ショウガたっぷりのシンプルなあんかけうどんに、湯葉を入れます。体の内側からポカポカになるため、寒い時期にこそ食べたいですね。京風のやさしい味わいで、風邪気味のときにも良さそうです。



・湯葉とユズの雑穀おじや 

出典:E・レシピ「湯葉とユズの雑穀おじや」


トロッと濃厚な湯葉にユズの爽やかな香りを加える、風味豊かな一杯です。酒粕と豆乳でまろやかに仕上げます。湯葉がご飯や具材にからんで美味しいです。お好みで七味唐辛子をかけても◎。



湯葉は大豆100%の食材なので、和食に限らずイタリアンやエスニックとの相性も良く、アレンジは無限大です。ぜひ今回ご紹介したレシピを参考にして、湯葉を味わってみてくださいね。
(川原あやか)