長崎の人気ご当地グルメ「ちゃんぽん」。太めの麺に炒めた野菜、肉、魚介などが入り、具だくさんで栄養バランスが良いのが魅力です。コクのあるスープのおかげで、野菜もたっぷりと食べられます。今回は、家庭で簡単&本格に作れるちゃんぽんの作り方をご紹介!


出典:E・レシピ「野菜たっぷりちゃんぽん麺」


そのほかに、ちゃんぽん風アレンジレシピ【3選】、ちゃんぽん以外のおすすめ長崎名物レシピ【4選】も厳選したので、ぜひ参考にしてください。おうちで長崎旅行の気分を味わいましょう!

■ちゃんぽんとは?
ちゃんぽんは、明治時代に中華料理店の店主が、中国人留学生に安くて栄養があるものを食べさせようと考案したのが始まりと言われています。発祥以降、長崎県で日常的に食べられる家庭料理となりました。名称は中国語の簡単なご飯を意味する「喰飯(シャンポン)」がなまった説と、ポルトガル語で「ごちゃ混ぜ」を意味する説などさまざまです。

■ちゃんぽんの作り方
市販のスープがなくても、牛乳やオイスターソースを使えば、まろやかでコクのあるスープが簡単に作れます。家にある野菜をたっぷり使い、カマボコやキクラゲも入れてより本場風に。

野菜たっぷりちゃんぽん麺
野菜たっぷりちゃんぽん麺

【材料】(2人分)

中華麺(生麺) 2玉
豚もも肉(薄切り) 2枚
ニンジン 1/10本
キャベツ 2枚
モヤシ 1/2袋
水煮コーン(缶) 大さじ 2
カマボコ(薄切り) 2枚
キクラゲ 2個
<スープ>
  酒 大さじ 1
  塩 小さじ 1/2
  しょうゆ 小さじ 2
  オイスターソース 小さじ 1
  旨味調味料 小さじ 2
  水 400~500ml
  牛乳 大さじ 2


【作り方】

2、深めのフライパンに分量外のサラダ油をひき、豚もも肉を炒める。表面に軽く火が通ったら、ニンジン、キャベツ、サッと水洗いしたモヤシを炒める。

かたい野菜から炒めると火が均等に通ります。

野菜たっぷりちゃんぽん麺の作り方2

3、中華麺は袋の表示時間通りにゆで、湯切りする。

野菜たっぷりちゃんぽん麺の作り方3

4、(2)に<スープ>の材料を加え、沸騰直前まで温める。水煮コーン(缶)、カマボコ、キクラゲを加える。

野菜たっぷりちゃんぽん麺の作り方4

5、器に中華麺を盛り、(4)を注ぐ。

野菜たっぷりちゃんぽん麺の作り方5




■ちゃんぽん風<アレンジ>レシピ3選
ちゃんぽんの味つけを活かした、炒め物や鍋物といった料理も美味しいです。

・ちゃんぽん風炒め

出典:E・レシピ「ちゃんぽん風炒め」


たっぷりの野菜をちゃんぽん風の味に仕上げ、ボリューム満点のおかずに。パパッと10分で作れます。これならお子様も喜んで食べてくれそうですね。とろみがついているので、ご飯の上にのせて丼にしても◎。



・魚介たっぷり! ちゃんぽん風鍋

出典:E・レシピ「魚介たっぷり!ちゃんぽん風鍋」


牛乳を多めに入れて、ちゃんぽん風の白濁スープを再現! ホタテ・エビ・イカなど魚介をたっぷり使い、コク旨な仕上がりです。〆はもちろん、ちゃんぽん麺や中華麺で。



・ちゃんぽん風素麺

出典:E・レシピ「ちゃんぽん風素麺」


素麺をちゃんぽん風にアレンジ。具材は家にあるものでOKで、ランチや夜食にぴったりです。牛乳を加えるとまろやか、豆乳ならあっさりとしたスープに仕上がるのでお好みで選んでください。



■おうちで旅行気分に! <長崎名物>レシピ4選
長崎名物はちゃんぽん以外にもたくさんあります。ここからは、おすすめなレシピを厳選してお届け。おうちご飯で旅行気分を楽しめますよ。

・具だくさん! 長崎皿うどん

出典:E・レシピ「具だくさん!長崎皿うどん」


おうちで本格的な長崎皿うどんを堪能! 具だくさんで旨みたっぷりなあんがパリパリ麺にからみ、ボリュームたっぷりで大満足な一品です。顆粒中華スープの素とオイスターソースで簡単にコク深い味わいに。カリッと表面を焼いたちゃんぽん麺で食べても良さそうですね。



・佐世保風バーガー

出典:E・レシピ「佐世保風バーガー」


全国的な知名度を誇る、長崎・佐世保の人気ご当地グルメ。注文を受けてから出来立てを提供するのが本場のスタイルです。ホットプレートなどを使って、みんなでワイワイ楽しみながら作ってみませんか? 大きな口を開けて、がぶりとワイルドにいただきましょう。



・レモンステーキ

出典:E・レシピ「佐世保名物レモンステーキ」


長崎・佐世保の隠れたご当地グルメ。薄切りの牛肉を使い、しょう油ベースのタレにすりおろした玉ネギとニンニクをたっぷり入れ、レモン汁を効かせてさっぱりと仕上げます。ご飯との相性抜群で、お肉でご飯を巻いたり、残ったタレにご飯を混ぜたりするのが通な食べ方です。



・いりやき鍋

出典:E・レシピ「いりやき鍋」


長崎・対馬の郷土料理「いりやき鍋」は、椿油で鶏肉や魚を炒ってから鍋に入れていたことに由来しています。魚はブリ、ヒラス、メジナを使うことが多く、〆は素麺を入れて食べるのが本場流。具材の旨味が溶け出したスープは、最後の一滴まで飲み干したくなる美味しさです。



ちゃんぽんの具材を準備するのが面倒…と思う方は、カット野菜やシーフードミックスを使うのがおすすめ。時短で具だくさんに仕上がりますよ。ぜひ今回ご紹介したレシピを参考にして、おうちで長崎名物を満喫してくださいね。
(川原あやか)