中華料理の定番「チャーハン」は、パパッと作れる手軽さから家庭料理としても人気ですよね。ごはんと具材を炒めるシンプル調理ながら、実は奥深いのも魅力のひとつ。今回は激うまなチャーハンレシピを30選ご紹介します。


出典:E・レシピ「簡単焼き豚チャーハン」


10分以内で作れるレシピから、お店に負けない本格的なもの、子どが喜ぶもの、変わり種まで勢ぞろいです!

■忙しい日に活躍! 【10分以内】チャーハンのレシピ6選
・鮭レタスチャーハン

出典:E・レシピ「鮭レタスチャーハン」


旨みたっぷりのサケフレークを使うと、少ない調味料でピタッと味が決まります。チャーハンの味がぼやけてしまう、という方はぜひ試してみてください。レタスは手でちぎるため、包丁要らずで時短に。手際よく炒めて、アツアツを召し上がれ。



・餃子チャーハン

出典:E・レシピ「餃子チャーハン」


餃子を焼いたけれど食べきれなかった…というときはチャーハンにリメイクしましょう。ごはんと一緒にほぐしながら炒めれば、具材なしでも満足感のある一品になります。冷凍餃子が少しだけ余ったときにもうってつけ。調味料は焼き肉のタレのみ。5分で完成したとは思えない美味しさに驚きますよ。



・高菜とジャコのチャーハン

出典:E・レシピ「高菜とジャコのチャーハン」


高菜の漬け物の塩気とチリメンジャコの風味を活かしたチャーハンは、お昼ごはんだけでなく、お酒のシメにもおすすめ。半熟卵の黄色と高菜の緑が映えて、目でも楽しめるのが魅力です。



・簡単焼き豚チャーハン

出典:E・レシピ「簡単焼き豚チャーハン」


短時間でチャーハンを作るなら、具材をシンプルにすると良いですよ。こちらは焼豚と卵、ネギの王道具材を使います。卵とごはんがパラパラになったら、オイスターソースやしょうゆなどで味を調えて完成。エビチリや豚の角煮など濃いめの主菜に合わせてみてはいかがでしょうか。



・チャーシューレタスチャーハン

出典:E・レシピ「チャーシューレタスチャーハン」


パラパラチャーハンを作るコツはいくつかありますが、卵とごはんをあらかじめ混ぜてから炒める方法は簡単。卵を別に炒める手間が要らないのもポイントです。刻んだチャーシューとちぎりレタスを加え、食感豊かに仕上げましょう。



・ガーリックキノコチャーハン

出典:E・レシピ「ガーリックキノコチャーハン」


短時間でがっつりボリューミーなチャーハンを作りたい日は、こちらのレシピがぴったり。キノコをバターソテーしたフライパンにごはんを加え、しょうゆで香ばしく味付けしましょう。トッピングのガーリックチップのパンチが効いていて、お肉を入れていなくても十分満足できますよ。



■お店顔負け! 【本格派】チャーハンのレシピ6選
・チャーハン

出典:E・レシピ「チャーハン」


数あるチャーハンのなかでもレタスチャーハンは人気がありますよね。本格的な味わいに仕上げるコツは、具材とごはんを強火で炒めること。レタスを加えるのは、火を止めてからがおすすめです。シャキッと食感を楽しめますよ。



・カニチャーハン

出典:E・レシピ「カニチャーハン」


茹でたカニの身をたっぷり入れる贅沢チャーハンは、本格中華レストランの味。しっとりとしたカニにニンジンと水煮タケノコの食感がアクセントです。練りタイプの中華スープの素はそのまま鍋に入れるとなじみにくいため、ほかの調味料とあらかじめ合わせておきましょう。



・ふんわり卵白のトロトロあんかけチャーハン

出典:E・レシピ「ふんわり卵白のトロトロあんかけチャーハン」


テーブルに運んだら思わず歓声が上がりそうな見た目が印象的です。ごはんに卵黄を混ぜてパラパラチャーハンを作ったら、卵白をあんかけに使うのがポイント。卵を余らせないのがうれしいですね。あんにすりおろししょうがを加えても◎。



・ぷりぷりエビを味わう! 基本のチャーハン

出典:E・レシピ「ぷりぷりエビを味わう!基本のチャーハン」


チャーハンにエビを入れると硬くなってしまう、という方におすすめなのがこちらのレシピ。背わたを取り除き、片栗粉でもみ洗いしてから炒めるとぷりぷりになりますよ。エビの旨みが強いので、調味料は塩としょうゆだけでシンプルに仕上げましょう。



・焼豚入りチャーハン

出典:E・レシピ「焼豚入りチャーハン」


八角やニンニクなどで作った特製調味料は、奥深い香りが特徴。チャーハンの味付けに使うと、グッと本格的な味わいに仕上がりますよ。豆板醤との相性も良く、食欲が刺激されます。特製調味料は作り置きできるので、チャーハンを食べたいときにさっと使えて便利です。



・卵チャーハン

出典:E・レシピ「卵チャーハン」


シンプルなチャーハンは、意外と難しいですよね。こちらのレシピでは、具材を炒めてから取り出しておき、卵を混ぜたごはんを炒めてから合わせます。このひと手間で具材に火が通り過ぎず、ごはんがパラッとしますよ。



■食欲を刺激! 【エスニック&ピリ辛】チャーハンのレシピ6選
・エスニックチャーハン

出典:E・レシピ「エスニックチャーハン」


カレー粉×ナンプラーのコンビは、複雑な香りが食欲をかき立てます。肉や魚介類、野菜など具だくさんなのもポイント。ごはんに味ムラができないよう、炒める前に調味料を混ぜておくと良いですよ。



・タコキムチチャーハン

出典:E・レシピ「タコキムチチャーハン」


白菜キムチをたっぷり入れるチャーハンは、焼肉の献立に合わせたい一品。キムチを炒めると香ばしさがプラスされ、さらに美味しくなるのがうれしいですね。味付けに豆板醤を使うので、さらにピリ辛に。ビールも進みますよ。



・パイナップルチャーハン

出典:E・レシピ「パイナップルチャーハン」


4人分でパイナップルを1個使う、フルーティーなチャーハン。甘酸っぱさにナンプラーの香りが好相性で、一気にエスニック感が高まります。カシューナッツのカリッと食感がアクセントになり、いつもと違うチャーハンを食べたい方にぴったりです。



・焼きアナゴのチャーハン

出典:E・レシピ「焼きアナゴのチャーハン」


寿司ネタで知られるアナゴは、四川料理などの中華料理にも使われる食材です。甘辛いウナギ蒲焼きのタレと豆板醤で味付けしたチャーハンは、やわらかなアナゴの美味しさを引き立ててくれますよ。刻みネギをトッピングするのもおすすめです。



・ナッツのエスニックチャーハン

出典:E・レシピ「ナッツのエスニックチャーハン」


エスニック料理に使われることが多いミックスナッツをメインにしたチャーハンです。パラリとしたチャーハンにカリッとしたナッツがくせになる食感。味付けもナンプラーやカレー粉でエスニックテイストにします。パクチーをたっぷりのせて召し上がれ。



・ピリ辛モヤシチャーハン

出典:E・レシピ「ピリ辛モヤシチャーハン」


風味が強い甜麺醤と豆板醤を合わせづかいすると、辛さのなかにコクがあるチャーハンに仕上がります。鶏むね肉やモヤシといった淡泊な食材でも、ピリ辛味で満足感が得られますよ。ショウガとニンニクをたっぷり使うため、ビールのおともにも最高です。



■アイデア満載! 【変わり種】チャーハンのレシピ6選
・ヒジキチャーハン

出典:E・レシピ「ヒジキチャーハン」


和食材の芽ヒジキをチャーハンの具材にする、ユニークなレシピです。芽ヒジキは水で戻してから炒めます。サケフレークや麺つゆで馴染みのある味付けにするため、小さな子どもも食べやすいですよ。せん切りの大葉を散らして彩りを添えるのも◎。



・大葉のペペロンチャーハン

出典:E・レシピ「大葉のペペロンチャーハン」


ニンニクと唐辛子と言えば、ペペロンチーノをイメージする方が多いのでは? こちらのレシピではチャーハンにアレンジ。焦げやすいので火加減に注意して、香りが立ってきたらごはんを炒め合わせましょう。仕上げの大葉で爽やかさをプラスするのがポイント。



・納豆と香菜の炒飯

出典:E・レシピ「納豆と香菜の炒飯」


納豆チャーハンにパクチーを組み合わせる、変わり種チャーハンです。納豆は火を通すと独特のにおいと粘りが和らぎ、納豆が苦手な方も食べやすくなります。隠し味の砂糖が全体をうまくまとめてくれますよ。



・筑前煮チャーハン

出典:E・レシピ「筑前煮チャーハン」


和食で人気の筑前煮は、たくさん作ると美味しいものの、余ってしまうことも。そんなときはチャーハンにリメイクするのがイチオシです。レシピでは市販品を使っていますが、手作りでもOK。筑前煮にしっかり味がついているので、チャーハンの味付けは控えめで十分です。



・ウナギチャーハン

出典:E・レシピ「ウナギチャーハン」


ウナギ蒲焼きとクリームチーズという、意外性のあるコンビで作るチャーハン。クリームチーズは卵に混ぜて炒り卵にするのコツです。ウナギ蒲焼きの甘辛い味と、チーズの塩味が効いているため、塩コショウだけでしっかり味がつきますよ。和洋のマリアージュを楽しんでみてくださいね。



・みりん干しチャーハン

出典:E・レシピ「みりん干しチャーハン」


旨みたっぷりのみりん干しとごはんの相性は言わずもがな。チャーハンにしても美味しいですよ。サバやイワシ、サンマなど好みの干物で作れるのが魅力。ショウガやミツバなどを加えることで、上品な香りがプラスされてひと味違うチャーハンに仕上がります。みりん干しが少しだけ余ったときにもおすすめです。



■お弁当にも! 【子どもが喜ぶ】チャーハンのレシピ6選
・ツナカレーチャーハン

出典:E・レシピ「ツナカレーチャーハン」


カレー味のチャーハンは、食が進まない子どもにも喜ばれます。炒める前に、ボウルでごはんと溶き卵、カレー粉を混ぜておくため、全体に味が行きわたるのがポイント。失敗なく作れるのがうれしいですね。ツナ缶のオイルが気になる方は、水煮缶で作っても良いですよ。



・ブロッコリーチャーハン

出典:E・レシピ「ブロッコリーチャーハン」


ソーセージと水煮コーンをたっぷり入れるので、ブロッコリーが苦手な子どもも食べやすいチャーハンに。カラフルな見た目で食欲をそそられますよ。レシピでは粗びき黒コショウを振っていますが、子ども用は省いてもOK。冷めても味が落ちないので、お弁当にも最適です。



・鮭とホウレン草のチャーハン

出典:E・レシピ「鮭とホウレン草のチャーハン」


ホウレン草と卵がキレイなチャーハンは、子どもの目を引きます。茹でたホウレン草は細かく刻むので、食べやすいです。塩鮭は大きめにほぐすと食べ応えがありますよ。コーン缶を加えても良さそうです。



・簡単焼き肉チャーハン

出典:E・レシピ「簡単焼き肉チャーハン」


食べ盛りの子どもが満足できるチャーハンを作りたい方は、牛肉やニンニクの芽などを使うのがイチオシです。パンチが効いていて、夕ごはんでも満足できるボリューム感になります。焼き肉のタレを辛口にすれば大人向けに、甘口で子ども向けにとアレンジしやすいです。



・焦がしじょうゆコーンチャーハン

出典:E・レシピ「焦がしじょうゆコーンチャーハン」


バターしょうゆの香ばしさは、大人にも子どもにも人気です。具材はベーコンと水煮コーンとシンプルで、ごはんにまとわせた卵の効果でパラパラに。仕上げのしょうゆは鍋肌からまわし入れるのがコツです。少し焦がして風味をアップさせましょう。



・洋風チャーハン

出典:E・レシピ「洋風チャーハン」


ウスターソースや顆粒スープの素などで作るチャーハンは、中華のイメージをガラッと変えてくれますよ。辛いのが苦手な子どもはチリソースの代わりにケチャップを入れても良いでしょう。チャーハンにふわりとのせた卵は半熟に。チャーハンと一緒に召し上がりください。



■毎日食べても飽きないチャーハンレシピを試してみて!
チャーハンは、あり合わせもので作るだけでなく、カニや牛肉などでリッチに作るのもおすすめ。味付けも、中華だけでなくエスニックやピリ辛のようにアレンジしやすいのも魅力です。チャーハンレシピがマンネリ化している、という方はぜひご紹介したレシピを試してみてくださいね。


(ともみ)