肌にうるおいがない、角質のゴワつきやザラつきが気になる、毛穴に関する肌悩みに対して効果的なスキンケアは何?と感じている人も多いのではないでしょうか。 日々のスキンケアも大切ですが、肌の調子や質感を整えるアイテムとして重宝されているのが「パック」や「マスク」です。 今回はエステティシャンである筆者が、肌悩みにあったパックやマスクの選び方についてお教えします。

パック・マスクの種類・特徴

肌の調子や質感を整えるスペシャルアイテムとして重宝されている「パック」や「マスク」。種類がありすぎてどれが良いのか迷う、自分の肌悩みに良いアイテムがどれかわからないという人も多いのではないでしょうか。

「パック」や「マスク」は大きく分けると3種類です。
・美容液代わりとして肌に栄養を与える「シートマスク」
・肌のうるおいや保湿力を高め、肌調子、質感を整える「洗い流すタイプのマスク」
・古い角質や毛穴汚れをオフし、肌の質感、肌調子を整える「洗い流すタイプのパック」

大きく分けると3種類ですがメーカーやアイテムによって配合成分が違うことから、肌悩みや、なりたい肌によって選び方が変わります。

肌悩みにあったパック・マスクの選び方

パックやマスクの効果を実感するためには「肌の悩み」「どのような肌にしたいか」を明確にしておくと選びやすく、失敗しにくくなります。

・「シートマスク」向きの肌悩み

「乾燥によるカサつきが気になる」「肌にうるおいが欲しい」「みずみずしい肌になりたい」「繰り返すニキビが気になる」「週に1回くらいは念入りなスキンケアをしたい」場合はシートマスクがおすすめです。

顔型のシートに「保湿」「美白」「エイジング」の美容液が浸透されたもので、化粧水で肌を整えたあと、美容液代わりとして使用します。シートマスクは、個包装のものから大容量のものまであるので、毎日のスキンケア、スペシャルケアに取り入れやすいです。

【選ぶポイント】

乾燥によるカサつき、しっとりうるおう肌になりたい場合は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたもの。繰り返すニキビ、開いた毛穴を引き締めたい場合は、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸などの美白成分が配合されたもの。

普段は念入りなケアが出来ないしたまにはしっかりケアしよう、エイジング予防にという場合は、フラーレンやコエンザイムなどのエイジング成分が配合されたものを選びましょう。

・「洗い流すタイプのマスク」向きの肌悩み

「乾燥によるカサつきが気になる」「肌にうるおいが欲しい」「うるおい、透明感のある肌になりたい」「明るくトーンアップさせたい」「週に1回くらいは念入りなスキンケアをしたい」「お風呂などでもできるケアが良い」場合は、洗い流すタイプのマスクがおすすめです。

アイテムによって「保湿」「美白」「エイジング」成分が配合されていて、みずみずしいセラムのようなものからしっとりしたクリーム状のテクスチャーのものがあります。洗顔後の肌にマスクを塗り広げ、数分間置き、肌に美容成分を浸透させます。 洗い流したあとは普段のスキンケアをおこないます。

【選ぶポイント】

乾燥によるカサつき、肌にうるおいが欲しい場合は、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたもの。肌を明るくトーンアップさせたい、透明感を出したい場合は、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸などの美白成分が配合されたもの。

今後のエイジング予防として取り入れるなら、プラセンタ、フラーレン、コエンザイムなどのエイジング成分が配合されたものを選びましょう。入浴中にも使えるのでスキンケアを時短したい人、週に1回のスペシャルケアにおすすめです!

・「洗い流すタイプのパック」向きの肌悩み

「部分的なザラつきやゴワつきを整えたい」「つるんとした肌質になりたい」「毛穴に皮脂がつまりやすい、黒ずみが気になる」「ニキビ跡を修復したい」場合は、洗い流すタイプのパックがおすすめです。

洗い流すタイプのパックは、古い角質を分解する「酵素」・汚れを吸着する「クレイ(泥)」などの角質ケア向け、肌代謝を高めたり、毛穴引き締め効果のある「炭酸」が配合されたものがあります。

洗顔後の肌にパックを塗り広げ、数分間置くことで、それぞれのパックの特徴が肌に働きかけます。洗い流したあとは普段のスキンケアをおこないます。

【選ぶポイント】

肌のザラつきやゴワつきを整えつるんとした肌になりたい、毛穴の皮脂づまり、黒ずみをなんとかしたい場合は「酵素」や「クレイ(泥)」が配合されたもの。

肌の色ムラを整えたい、肌代謝を整えたい、ニキビ跡を修復したい、毛穴を引き締めたい場合は「炭酸」が配合されたものを選びましょう。
週に1回から10日に1回のペースで定期的にパックを取り入れると肌表面の汚れがリセットされ、代謝が整い肌の質感が変化します。

いかがだったでしょうか。

肌悩みをなんとかしたい、肌の質感を変えたい人は、パックやマスクの種類や特徴、選ぶポイントをおさえて自分の肌にあったアイテム選びの参考にしてみてください。