パレオダイエットは、しっかり食べて健康体を目指すダイエットです。カロリーや食べる量も気にする必要がありません。 甘いものやおやつも食べてOKの無理のないダイエット法なのです。では一体どうして痩せることができるのでしょうか?今回はその秘密をお伝えします。

パレオダイエットで食べる食材

パレオダイエットで食べる主な食材は、リアルフードと言われる自然な食べ物です。このリアルフードとは主に肉、魚、卵、野菜、果物、ナッツなどの食べ物のことです。加工やパッケージ化されていない自然な食べ物のことを指します。

加工食品の摂取が多い現代食から、人間が本来食べてきた原始人食になるべく近いものを意識して食べるのがパレオダイエットです。しっかり食べて痩せる、その秘密に迫りましょう。

パレオダイエットで食べて痩せるその秘密

①自然で無理のない糖質カットができる

現代人は、主食として穀物を取りすぎる傾向にあります。パレオダイエットの基本は、原始時代にはなかった穀物をなるべく避けることです。
小麦粉を使用したパンやパスタ、麦が原料の加工食品は特に、炎症を引き起こすと言われるグルテンが含まれるため控えます。また、米も麦も、界面活性作用があるためなるべく控えるようにします。

一般的な健康を目指すダイエットでは、穀物を全くゼロにする必要はありませんが、毎日のお米を半分に減らすなど、パレオダイエットの基本をある程度守ることで、穀物に多く含まれる糖質をカットすることに繋がります。

ただ糖質は体を動かすためのエネルギー摂取に大変重要な栄養素なので、たくさんの野菜や果物、芋などで代用し、しっかり摂取することが大切です。
パレオダイエットは決して糖質制限をするダイエットではありませんが、現代食に慣れている私たちにとっては、自然と大幅な糖質カットに繋がるため、しっかり食べながら痩せることが可能なのです。

②リアルフードが食べ過ぎを防ぐ

現代食では多くの加工食品が精製され、当たり前のように私たちの身近にありますが、多くの食品添加物が使用されているものが多く、体に炎症を起こすような化学物質も知らずのうちに食べてしまっています。

食品添加物には様々な種類があり、化学物質の人工甘味料などの添加物は、満腹感と空腹感をコントロールできなくなるような作用をもたらします。いくらでも食べられて、止まらないスナック菓子に悩まされた経験がある人は少なくないはず!そしてこの中毒性が私たちの本来の食欲や味覚などの感覚を麻痺させていると言われています。

一方で、パレオダイエットがお手本としている原始時代は、食べ物を狩猟採集で確保して食べていました。穀物や加工食品をなるべく避ける代わりに、リアルフードといわれる自然な食材を食べることで食品添加物を避け、本来の感覚を麻痺させることはありません。これらのリアルフードは、自然と食べ過ぎを防ぎ、更には豊富な栄養素を体に与えてくれるので、美容やエイジングケアにも効果が期待て切る。

③良質なタンパク質で食べて痩せる

タンパク質をしっかり摂ることは、痩せやすい体を手に入れるための鍵となることをご存知でしょうか? タンパク質といっても、出来るだけ肉やスジ肉、骨から取れるスープ、魚、卵などの良質なリアルフードを主に選ぶようにします。

米や麦などの穀物を減らし、加工食品をなるべく避ける代わりに、炭水化物メインの食事から、タンパク質や脂質を今までよりも積極的に摂るようにしていきます。なぜならタンパク質は、代謝を高め、様々な炎症を抑え、更には満腹感を感じさせる作用があるからです。更には消化吸収に時間がかかるため、満腹感は持続します。食べる量も自然と抑えてくれるので、食べ過ぎも防いでくれるとされています。

この良質なタンパク質が持つ効能は、痩せやすい体を作るのに大変効果的で、欠かせない要素となるのです。

いかがでしたか?しっかり食べて痩せることのできるパレオダイエットは、正に理想のダイエットではないでしょうか?ダイエットに中々成功しないという方は、まずは少しずつでもはじめてみてくださいね。