こんにちは!リカバリートレーナーの伊藤晃一です。 在宅ワークで、PCやスマホを使う時間が長くなり、肩こりに悩まれる方へおすすめの体操をご紹介致します。実は、肩こりの原因は、肩ではないケースが多く、1番の原因は、姿勢の崩れからくるものがほとんどです! 姿勢を整えることで、自然と肩まわりの筋肉の緊張はとれて、肩こりは和らぎます。肩を揉んだり、整体やマッサージに行っても、肩こりが中々改善されない方は必見!いつでも、どこでも、道具なしでできる体操をご紹介します。

肩こりが起こるメカニズム

デスクワーク、家事・育児など、日常生活は、前屈みの姿勢で行う動きが多く、長時間の姿勢を形状記憶するように体が固まってしまいます。前屈みの姿勢は、肩が前に入り、背面の首から肩甲骨まわりの筋肉・筋膜は、のびたまま固まります。

同時に、前面の胸側の筋肉・筋膜は縮まったまま固まります。背面はのびた状態、前面は縮まった状態で、形状記憶することで、姿勢の崩れが起こり、体からのサインとして痛みが出る、つまり肩こりになっているのです。

今回ご紹介するリカバリー体操で、固まった筋肉・筋膜のバランスを戻し、姿勢が整うことで、自然と筋肉の緊張がとれて、肩こりが和らぎます。

姿勢を正す!肩こり改善体操

道具なしで、どこでもできる、簡単なリカバリー体操です。デスクワークの合間などこまめに行って、肩こり改善・予防&美姿勢を目指しましょう!

①体の後ろで手の平を合わせて握手をします。
(それぞれの指の間に、もう片方の手の指を入れる恋人繋ぎの握手)

②親指側が、上から下へ体に添うように手の平をくるりと返します。
この時、親指は離れても大丈夫です。

③そのまま、できるだけ腕を絞り、手の平を上げると、胸がひらいて最大のストレッチがかかります。
リラックスして、呼吸と合わせ、軽くバウンドさせると、筋肉の緊張が取れてゆるみやすくなるのでおすすめです。

左右の肩甲骨が寄るのを、感じながら行いましょう。

注意点:手の平を逆向きに返すと、肩甲骨が離れ、背中が丸まり、胸のストレッチもかからなくなってしまうため注意しましょう。

おすすめのタイミング

リカバリー体操を行うタイミングとしては、デスクワークの合間や、直後など、筋肉・筋膜が固まる前に、こまめに行うのがおすすめです。お仕事の合間に、手をグーっと上げて伸びをされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?この時に是非、一緒にこのリカバリー体操も行ってみてください!

美姿勢はメンタル改善にも◎

最近では、姿勢の崩れだけでなく、常にマスクをつけていることで呼吸が浅くなり、胸側の筋肉が縮まり、固くなっている方が増えています。

また、胸はメンタルとも関係しています。ストレスや心配事で胸が苦しくなったり、肩が落ちて姿勢が崩れがちな方は、このリカバリー体操を行って頂くことで、体だけでなく、不思議と気持ちも楽になるかもしれません。

このリカバリー体操は、今、どなたにも必要な体操です。呼吸と合わせて、肩こり&姿勢改善を目指しましょう!