夏は汗やムレを感じやすいことからアンダーヘアのお手入れをしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。 セルフでアンダーヘアをお手入れする場合、「どうやってケアするの?」「形や量の調整の仕方は?」など感じる人のために、エステティシャンである筆者がアンダーヘアのお手入れポイントについてお教えします。

アンダーヘアをお手入れするメリット

アンダーヘアはデリケートゾーンを守るために存在していますが、毛量が多く、毛が長いとショーツからはみ出る、ショーツ内が蒸れやすくにおいが気になる、かゆみを感じるなどさまざまな不快感を感じることもあります。

アンダーヘアを整えることで、以下のメリットがあります。

・ショーツを履いた時にはみ出にくくなる
・通気性が良くなり、蒸れやにおいが軽減する
・毛のゴワつきやチクチク感によるかゆみや不快感が減少する
・月経時に毛がまとわりつくことで感じるベタつきが減少する

アンダーヘアを手入れする方法は「脱毛サロンやクリニックでケア」または「自宅でセルフケア」があります。脱毛サロンやクリニックの場合は機械照射によって半永久的に毛を生やさないようにすることができますが、料金が高く、数ヶ月〜数年単位で通わなければいけません。

一方、セルフケアの場合は一時的に毛を短くする、整えることが目的で、お金がかからず、通わなければいけないなどもありません。今回はセルフケアでのアンダーヘアのお手入れポイントについてご紹介します。

アンダーヘアのお手入れポイント

1.デリケートゾーン専用ソープで洗う

デリケートゾーンは粘膜部分に近く他の部位に比べて肌が敏感な場所で、汚れも溜まりやすいです。洗浄力の強いボディソープで洗うと肌の乾燥を招き、色素沈着や黒ずみの原因となるので肌に優しい低刺激のもの、デリケートゾーン専用ソープを使いましょう。

2.清潔なアイテムを使う

セルフケアで使用する電気シェーバー、カミソリ、ハサミなどは清潔なものを使用しましょう。使用後は水洗い可能なものは洗ってよく乾かす、洗うと刃が錆びやすくなるので繰り返し何度も使用せず新しいものに買い替えましょう。

3.アンダーヘアの形を決めて処理する

適当に処理をしてしまうとアンダーヘアの形がいびつになるので、どの部分を処理したいか形を決めます。どこまでケアすれば良いのかわからないという人は型紙を併用するのもおすすめです。

「ラヴィア アンダースタイルガイド」はナチュラル、スクエア、ハート、トライアングルの4タイプの型紙があり、筆者が使用してるのはナチュラルタイプです。点線に沿ってカットすると、ナチュラル、オーバル、攻めナチュラルの3タイプになります。

裏面がマジックテープのような感じになっていて毛に引っかかるので、両手を使ってケアでき、形の失敗も減ります。

型紙を沿わせて、はみ出た毛を電気シェーバーやカミソリで処理します。

4.長さ、量を整える

形を作った後は、毛の長さや毛量を減らします。電気シェーバーのアタッチメントや眉カット用の小さなハサミを使いましょう。

5.保湿ケアをする

カットした毛が肌に残らないようにシャワーで洗い流し、タオルで優しく水気をふきとります。毛がなくなることでショーツが触れやすく、乾燥や摩擦を招きやすいのでデリケートゾーン専用のミストローションやセラムなどで保湿ケアをおこないましょう。

さっぱりみずみずしく整えたいならミストローション、しっとり肌に整えたいならオイルインミストがおすすめです。アンダーヘアのお手入れ後だけでなく、日頃のお風呂上がり後にもおこなっておくと良いですね。

まとめ

アンダーヘアのお手入れをすることで見た目や日頃の不快感を減らすなどメリットもたくさんありますが、とても敏感な場所なのでセルフケアをおこなう際はアイテムの管理、アフターケアなどに気をつけておこないましょう。