真っ直ぐな脚の形や、すらりとした綺麗な脚に憧れる女性は多いですよね。脚は人それぞれ形状が異なるのですが、その理由の一つとして挙げられるのが「歩き方」なのです。 実は歩き方によって骨盤の歪みや開きに繋がってしまうことがあるのです。筆者自身も脚の形に悩んでいた1人でした。太ももの外側の筋肉がパンパンになり、スキニーパンツが履きこなせず、どうしてもウエストと太もものサイズが合わずに悩んでいました。 何とかして憧れのスキニーパンツを履きたい!と思い、どうしたらスキニーパンツが似合う脚になるのかを研究しました。そこで見つけたのが歩き方の一工夫だったのです。

歩き方で脚の形がなぜ変わるの?

なぜ脚の形が歩き方で変化するのでしょうか。街で歩く人の姿を見ると歩き姿勢は様々ですよね。ガニ股で歩く人や内股で歩く人がいます。この「歩き方の癖」によってO脚やX脚、外反母趾などが引き起こされる原因となるのです。

ではどのように歩いたら綺麗な脚が目指せるのでしょうか。

綺麗な脚作りにはAウォーキング!歩き姿勢を意識しよう!

美脚を目指すために意識したいこととは、実は歩き姿勢なのです。ではどのように歩き姿勢を意識したらいいのでしょう。答えは「頭が天に吊られているように歩く!」です。

これを「Aウォーキング」と呼んでいます。アルファベットのAの形のようにスッと姿勢を伸ばして歩きます。たった一つの意識だけで歩き姿勢が一気に美姿勢ウォーキングへと変化してしまうのです。

試しに、頭の上に本を乗せて立とうとしてみて下さい。すると体のインナーマッスルという体幹を支える筋肉にスイッチが入ることで美姿勢へと変化します。

次に本を落とさないように歩いてみて下さい。体幹がスイッチオンとなります。体幹が意識された状態で歩くと内転筋と呼ばれる内腿に体重が乗るのです。この内転筋こそが足をすらりと美脚へと変化させてくれる筋肉なのです。

鍛えれば鍛えるほど美脚へと繋がり、脚のラインも真っ直ぐになっていきます。ただし、内転筋を鍛えるのはとても大変です。そのため、歩き姿勢の時だけ内転筋に体重が乗るようにするために、頭をスッと天へ引き上げるイメージで歩くことをおすすめしています。

猫背姿勢や、腰を反った歩き方は脚の変形の原因の一つとなります。歩き姿勢によって脚の形は変わってしまうので、脚の形を真っ直ぐ綺麗な脚にしたい方はぜひ歩き姿勢を意識してみてください。

Aウォーキングは全身引き締め効果も!

Aウォーキングは、足の形を綺麗にしたい方にとてもおすすめな歩行となります。また、美脚を目指せるだけではなく、インナーマッスルが使われることで全身の引き締め効果にも繋がります。

さらに見た目も美しい歩き姿勢へと変化することで自信にも繋がっていくのです。ぜひAウォーキングで憧れのすらりとした美脚作りを目指してみてはいかがでしょう。