今の季節は、夏に蓄積された疲れや肌の変化を感じやすくなります。今回はコンディションを高めるためにも休日などにできる自分ケア法についてご紹介します。

夏の疲れ肌、ダメージ肌をリセットする肌ケア

夏は紫外線によるダメージ、汗の蒸散やエアコンの風による乾燥を感じます。こういった夏のダメージによって肌代謝が乱れることで、秋は乾燥、ゴワつき、くすみなどを感じやすくなります。

コンディションの良い肌を維持するためには、今のうちに夏の疲れやダメージをリセットし、しっかり栄養を補っておくことがポイントです。

・角質ケアパックで肌の表面を整える

洗顔後、角質ケアパック(クレイパック、酵素パックなど)をおこないましょう。刺激が少なくどんな肌タイプでも使いやすいのはクレイパックです。

クレイ(泥)成分によって古い角質や汚れを吸着し、ゴワつきをなめらかに、くすみのない明るい肌に整えます。畑を耕すような感じなので、のちのスキンケアの浸透も高まります。

・シートマスクで美容成分を補おう

角質ケアパックを洗い流し、化粧水で肌を整えたあと、シートマスクで美容成分を補います。

シートマスクは美容液と同じ役割なので、うるおいを高めたいなら保湿成分が配合されたもの、透明感のある肌にしたいなら美白成分が配合されたものがおすすめです。

植物に肥料を与えるような感じなので、ダメージを受けた肌が回復しやすくなります。

夏の疲れ、ダメージ髪をリセットするヘッドケア

肌と同じく、髪も紫外線やエアコンの風による乾燥ダメージを受けています。また長時間エアコンの効いた室内で過ごしていると体が冷えやすく、肩や首、頭皮の凝りを感じるため、髪や頭皮も夏の疲れやダメージをリセットしましょう。

・ヘアトリートメントで髪にうるおいを与える

日頃からシャンプーやトリートメントでケアしていても髪のパサつき、ゴワつきを感じることもありますよね。こういった時はいつも使っているもの以外の補修ケアの高いヘアトリートメント、ヘアマスクを使う、毛先にたっぷりなじませてシャワーキャップなどをかぶり10分ほど置くのもおすすめです。

タオルドライ後、髪を乾かしている最中に毛先にヘアミルクやヘアオイルをなじませて乾かすなどもおすすめです。

・ヘッドマッサージで頭皮の血行促進

冷えや緊張によって力が入りっぱなしな状態が続くと頭皮も凝りや疲労を感じます。頭皮が硬くなると血行不良によって髪に栄養が行き渡りにくくなるため、頭皮をマッサージしてほぐすのもおすすめです。

入浴のあいだなどに手で頭皮をマッサージする、マッサージグッズを活用する、ヘッドスパマスクを頭皮になじませましょう。頭皮をほぐすだけでリラックス効果が高まり、疲労感が軽減するようなすっきり感があります。日頃はゆっくり美容ケアできないという人は、休日や休日の前夜などにぜひ試してみてください。