秋の夜長という言葉がありますが、これは秋になって日照時間が短くなり、夜の時間が長くなることを指します。期間で言うと、秋分の日である9月23日頃から冬の始まりといわれる立冬の11月7日頃までとされる傾向にあります。この期間を利用して夜の時間をスキンケアに当ててみませんか? 今回は、秋の夜長にぴったりのおすすめの美容アイテムをご紹介します。

秋の夜長にぴったりのおすすめの美容アイテム4選

忙しい毎日の中で、日頃「時間がかかる」「面倒」と感じられることにぜひ挑戦してみましょう。

(1)スチーマー

最初は感動し、毎日のように使っていたスチーマーが現在では埃をかぶっている…、なんてことがありませんか?この機会にぜひ引っ張り出してきてしっかりと活用しましょう!

おすすめの使い方は、シートマスクやパックのおともに使うというもの。温めることで美容成分のなじみもよくなり、リラックスしながらスキンケアするひと時がまるでエステのように心地よいものになります。

(2)美顔器

使い方が簡単なものは別として、さまざまな機能を兼ね備えたものこそ面倒でお蔵入りしてしまいがちなのが、美顔器です。やり方さえ覚えてしまえば、テレビを観ながらでも使用できます。

また、夜に使うことを習慣にするには、目につくところに出しておいていつでも使える環境にしておくことです。説明書を見なければ使う自信がない人は、説明書も一緒に置いておきましょう。そして、ぜひこの機会に使用して、美肌に磨きをかけてみてはいかがでしょうか。

(3)炭酸パック

炭酸パックの中には塗って乾いてから剥がす簡単なものもあったり、使用時間が短く気軽にできたりするものもあります。しかし、中には洗い流しが必要なものや20分程度塗ったままにしなければならないものもあります。

心に余裕がないと面倒に感じられ、ついつい持っていても放置してしまいがち。しかし、炭酸パックは血行を促進させる効果が期待できるので、冷えが気になる秋の夜にぴったりのスキンケアアイテム。この機会にぜひ挑戦してみてください。

(4)ボディマッサージグッズ

カッサなどのボディマッサージグッズも、忙しい毎日の中で忘れ去られやすい美容アイテムのひとつ。この機会にぜひ取り入れて、全身の血行を促進し、太りにくい体質へ導くケアとして続けてみませんか?入浴後に行うとより効果的で、しかもボディジェルなどでケアしながら行うと、保湿もできるので一石二鳥です。

まとめ

秋の夜長を読書などの自分磨きに当てるのもおすすめですが、このようにスキンケアやボディケアに時間をかけることは美肌に磨きをかけたり、自分を労ったりすることにつながります。

炭酸パックや美顔器なら、読書をしながらできるものもあるので、自分のライフスタイルに合ったものを選んで組み合わせてみてはいかがでしょうか。ぜひこの機会に秋の夜の過ごし方について見直してみてください。