皆さん、こんにちは!パーソナルメイクトレーナーの池内ひろこです。夏が過ぎ去り、肌寒さを感じる日々が増えてきましたね。秋のスキンケアは、夏に受けた紫外線のダメージをケアすると同時に、冬の乾燥に備えたケアが大切です。 今回は、乾燥肌に悩む方に向けて、秋から始めるスキンケアのポイントをお伝えします。

早速ですが、初秋に感じる肌のお悩みを見てみましょう。ある研究では、以下の症状でお肌悩みを感じる方が多いそうです。

・ニキビなどの肌荒れ
・肌のごわつき
・毛穴の開き

一概に原因を1つに求めることはできませんが、これらは夏に強い紫外線を受けた結果、肌表面に出てくるサインとも取れます。

ニキビや肌質の変化は瞬間的に出てくるものではなく、肌のターンオーバーの観点から、過去の積み重ねで発生している可能性があるということです。(つまり、1ヶ月前に受けた紫外線が原因でニキビや肌のごわつきに繋がっているということです)

そのため、「夏が終わったー!」と言って、紫外線対策のケアを辞めて良い訳ではなく、むしろ秋は夏に受けたダメージをケアする意識が大切です。この時期に手を抜かずスキンケアを丁寧にすることで、長期的にさらに美しいお肌と出会えるでしょう。

ただし、秋は紫外線が減る一方で、徐々に湿度も下がる時期でもあります。湿度の高い夏よりも肌から水分が蒸発しやすくなり、中にはつっぱり感を感じる方も。本格的に冬に突入するとさらに乾燥が進むので、夏のダメージをケアしつつ、今から冬の乾燥を見越したスキンケアを心がけましょう。

スキンケアの注意ポイント

それでは、乾燥肌にならないための具体的なスキンケアのポイントをお伝えしていきます。

【クレンジング】

毛穴が開いていると気になって触ってしまったり、汚れを掻き出すためにゴシゴシ洗いたくなるものです。しかし、それは逆効果です。お医者様の中には、「美肌になりたいなら触らない!」という方もいるくらいです。摩擦を発生させないように、指先で滑るようにメイクオフしましょう。

【洗顔】

夏の延長線上に捉えて洗顔を簡単に済ませる人が多いですが、それはNG!手が肌に触れないくらい、洗顔料をしっかり泡立てます。泡の量の目安としてはソフトボール1個分。逆さまにしても泡が落ちないくらいコシのあるしっかりした泡を作りましょう。

【保湿】

こちらも夏に汗をかくからと言って、化粧水だけで終わらせる習慣はNGです!秋以降、湿度はどんどん下がります。肌も乾燥する季節に備えて保湿をしっかりしましょう。冬になって粉を拭くような乾燥肌になってからの保湿では遅いですよ!

まとめ

乾燥肌にならないためのスキンケアのポイントはいかがだったでしょうか。特別なことはなく、丁寧なスキンケアを心がけ、続けることが大切です。

クレンジングでは力を入れない、洗顔は泡をしっかり立てるなど、1つ1つはとても些細なことですが、そういった些細な努力が積み重なって美肌に繋がります。お肌に疲れが出やすいこの時期だからこそ、ご自身のスキンケア方法が合っているか、今一度振り返ってみてくださいね。