ここまで来たか! 最新!痛○ ○ の文化!
 『痛車ならぬ !? 痛バルーン展〜ダイオグソクムシ・ウェディング〜 』
〜なぜしぼむバルーンにお金を払うのか〜

ニッチな(痛い)モチーフや2次元キャラクターを、大衆的なコンテンツであるバルーンで制作する、「痛バルーンアーティスト・もも」による初めての個展が、大阪府立江の子島文化芸術創造センターで行われる。

この展覧会では、ニッチな層に根強い人気がある深海生物・ダイオオグソクムシをモチーフにしている。風船で作られた巨大ダイオウグソクムシ(新郎)と記念撮影が出来るフォトスポット、ジューンブライドに華やぐ「ダイオウグソクムシ・ウェディングドレス」、擬人(萌えイラスト)化された「グソクちゃん」のイラスト・痛バルーンフィギュアのコーナーなどが設置され、痛バルーンと最新の「痛○○」の世界観を楽しめる。

今年4月に幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議2015」では、人気キャラクター「初音ミク」などの巨大痛バルーンアーチを展示するなど、出演者の域を超え業者としても会場装飾を担当した。さらにゴールデンウィークには、今大人気のゲーム「刀剣乱舞」の応援イベントで、商品として作成した痛バルーンフィギュアにキャラクターのリクエストが殺到した。

【次ページ:なぜしぼんでしまう“風船”にお金を払うのか?】