第1回Miss Someone 「MISS-SATO」 

これまでのミスコンは地域、国籍、大学など限られた軸のなかから参加者を募るのが一般的だった。 しかし“名前”という、今までになかった軸で行われるミスコン「MISS-SATO」が注目を集めている。

参加条件は、女性で『名字が佐藤であること』のみ。日本で1番多い名字である“佐藤さん”限定のミスコンだ。 参加者が全員同じ名前。さらに、年齢制限、職業(プロアマ)不問というミスコンは、一体どのように生まれたのか?

このコンテストを企画したのは青山学院大学Webデザイン&プログラミングサークル「PIXEL」。代表・小野祥吾さんにインタビューを行った。

【青山学院大学Webデザイン&プログラミングサークル PIXELについて】

○いつ頃から活動しているのですか?
今年の4月から活動しています。5月には青学公認のサークルになることができました。活動内容としては、1ヶ月に1つ、自分たちのオリジナルのサービスをリリースするということを目標にしています。

○メンバー構成を教えてください
幹部3名、在籍者は22名ほどです。そのほとんどが4年生という、サークルとしてはありえない高齢の団体です(笑)

○これまでの活動実績を教えてください
まだ出来たばかりのサークルで、5月にMISS-SATO、6月にMISTER-SATOのリリースを行いました。

今後は「イケメン青学生がパソコン教えます。」というイベントなどを企画しています。パソコンがあまり得意でない社会人女性の方に『PowerPointでおしゃれなスライドを作ろう』、『メモ帳でWebサイトを作ろう』、『iMovieで動画を作ろう』といったワークショップを行いたいと思っています。 僭越ながら、代表の僕が“イケメン青学生”として指導させていただきます(笑)

【次ページ:きっかけは『ミスター青山』。悔しいけどカッコいい……。】