8月10日(木)から8月21日(月)まで、中野・GALLERYリトルハイにて「平松伸二 漫書展〜いんだよ細けえ事は!!〜」が行われる。

悪党や外道を主人公が華麗に裁く、過激で迫力あふれるストーリー展開。そして個性的で魅力的なキャラクター達が登場する平松氏は、『ドーベルマン刑事』、『ブラック・エンジェルズ』などを手掛けてきた。

優しさとヒューマニズム溢れる勧善懲悪の物語は、映画やテレビドラマ化もされるなど大ヒットし、まさに1970〜80年代の少年ジャンプ黄金期を築いた漫画となった。

キャラクター達を描いた繊細で美しいイラスト。そこに心のメッセージが込められた力強い筆文字を合わせて、「漫画」と「書」を融合させたのが、平松氏のアート「漫書」である。

今回の個展では、迫力がありつつも美しく繊細な心を感じさせる、漫書約30点が展示販売される。
会期中には平松先生に直筆でイラストを描いてもらえるサイン会イベントも実施。


<会期中イベント>
1.サイン会
2017年8月12日(土)13:00〜
※当日8月12日(土)12:00よりサイン会参加券付き「ブラック・エンジェルズ限定クリアファイル4枚&栞セット(2500円)」を先着30名様に販売。

2.「そしてボクは外道マンになる」新刊発売記念サイン会
2017年8月18日(金)13:00〜
※当日8月18日(金)12:00より会場にて新刊購入者先着50名にサイン会参加券を渡す

<作家プロフィール>
平松伸二
1955年生まれ。岡山県出身。1974年週刊少年ジャンプにて「ドーベルマン刑事」で連載デビュー、同作は映画・テレビドラマ化された。代表作「ドーベルマン刑事」「ブラック・エンジェルズ」「マーダーライセンス牙」他多数。現在グランドジャンプPREMIUMにて「そしてボクは外道マンになる」を連載中。

<開催日時>
2017年8月10日(木)〜8月21日(月)
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)

<会場>
ギャラリー リトルハイ
東京都中野区中野5-52-15中野ブロードウェイ4F

<料金>
入場無料

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。