佐賀県と株式会社ネイキッドが共同で行う、佐賀県庁を新しい観光スポット化させる取り組み『アート県庁プロジェクト』企画の一つ、「星空のすいぞくかん Art Produced by NAKED」(入場無料)の常設展示。佐賀県庁全体がアート空間となる。佐賀県が持つ二つの海「有明の海と玄海」をテーマとして、プロジェクションマッピングや音楽により、空間を創出していく。

佐賀県庁展望ホールが夜限定で、佐賀の夜景・星空・海の世界が融合した幻想的空間に。展望ホール入り口に、床面一面にプロジェクションマッピングで表現する「雲海(ウンカイ)」が広がる。

展望ホール内では南側の窓面から望む「有明の海」をバックにして、海から星空の世界へと繋がっていくようなストーリーをショー形式で表現。

佐賀の光景を描く特別展示エリアを抜けたエリアでは、県庁の北側に広がる「玄海(ゲンカイ)」をモチーフにした2種類のインタラクティブアートを展示する。そこでは魚群が作る海中トンネルを体感するアートや、窓面に手で触れるとキラキラ輝く宝石のようにデフォルメされた海の生き物が出現し、まるで夜景の中を泳いでいるようにみえる作品が楽しめる。

◆日時
2017年7月21日(金)から常設展示
2017年7月〜2017年9月  20:00〜22:00
2017年10月〜2018年3月  18:30〜22:00
※9月から日曜、祝日は21時までになります。

◆場所
佐賀県庁展望ホール(佐賀県佐賀市城内1丁目1−59)

◆料金
無料

◆総合プロデュース
NAKED Inc.

◆主催
佐賀県庁

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。